続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アップダウン
昨夜の夕食後2時間時点、109。

それから約3時間後、残務処理をしているとガクガクと身体が
震えだしまして・・・。
思考力も次第に鈍っていく始末。

こりゃあイカン!とさすがに慌ててチョコレートを2欠片ほど
口に放り込みました。

慌ててはいたものの「これはチャンスだ。」と棚に眠ってるポテチの
ことを思い出し、それを食さんがためにそのまま処理を続けました。
(不良患者(笑)

何とか落ち着いてきたんですが、処理を急いでいたのと少しでも
早く食べた方が良かろうと結局測定はせずじまいで・・・。

あの時に測っていたらおそらく30近い数値だったんじゃないかと
思いますね。
まぁ、数字を見るのが怖かった面もありますが。


半分にするつもりがあまりに久し振りでおいしくて、
ついつい勢い余って2/3程度まで食べてしまいました。

こりゃあマズイかなぁ、と言うことでお風呂にゆっくり入って
悪あがき。

たっぷり汗も掻いたところで眠前測定。
ピッ・・・。

116。

それほどではないものの普段からすれば高い数値で。
あぁ、やっぱりか・・・、と。

でも、こんなもんかなぁと思ったりもしますねぇ。
また低くてさらに補食、よりはマシでしょう。

問題はあの後どの程度まで上がって116に辿り着いたのか、
ってことですね。

こう言う時に厳密に(じゃなくても)1時間おきに自動的に
測れたらなぁ、とつい思ってしまいます。
もったいないのでなかなかできないんですよねぇ・・・。


それにしても3時間であそこまで下がると言うことは、
やはり食事におけるバランスを再認識させられます。

ご飯にイモじゃあなぁ・・・。

そりゃすぐ下がるか。(笑)
そう考えると5単位で200オーバーだったとしても
ちょうど良かったのかも知れませんねぇ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

バリエーション
本日の夕食はポテトサラダとコンソメスープ。
(シンプル過ぎねぇかい?(笑)

データのためいそいそと2時間後測定してみると・・・109。

う~む。
微妙だなぁ・・・。

もうちょい高い方がモアベターってやつでしょうか。

5単位にするつもりが「イモだし。」ってことで6単位にしてみて
この結果。

先の例もあるのであのまま5単位だったら200ちょいって
ところだったのでしょう。

そう考えるとこれはこれでいいのか、と思ったり。
そうかと思えばだったらもう少しご飯を増やせば良かったなぁ、と
ちと後悔も・・・。

なかなかに難しいもんですなぁ。


そう言えば発症以来初めてだったんですよねぇ、ポテトサラダ。
付け合わせでは少量食べてますがメインとしては初。
(普通メインにしないもんなのかな?(笑)

考えるとそう言った料理はまだまだ結構あるもんです。

スパゲッティやピザも食べてないし、焼き肉もまだ。
天丼なんかも怖くて食べれてないしラーメン屋にも行ってない。

データのためにももっと色々食べないとなぁ・・・。


それ以前に食生活が貧し過ぎるのか・・・。(爆)

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

1単位
カレーラーメンを食します。

茹でた中華麺に自家製のカレールーをかけたものなんですが。


以前の時、それプラススライスハム1パック、5単位で食後2時間
時点104。

その後も安定模様だったのでその単位数で良かったんでしょうけど、
暖かくなってきたし、とちょっと試そうと今回4単位にしてみました。

すると2時間時点197・・・。


・・・。
なんで??(笑)

1単位で結構変動するもんなんですねぇ。
また一つ勉強になりました。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

元に戻るのは早いのです
今日は朝から身体がやたらと重かったです。
普段と同じ睡眠時間なのに、たま~にこう言うことがありますね。

徐々に睡眠不足がたたってると言えなくもない気もしますが・・・。

と言うのも退院以来、12時ぐらいに寝てたものが昨年末辺りから
30分ぐらいずつずれていって、最近では1時半ぐらいになって
しまっています。

発症前の水準に戻りつつあると言うことです。

さすがにこれ以上遅くなることはないでしょうけど、退院後の体調の
安定具合から考えると今の私にとってのボーダーラインは越えてるん
だろうなぁ、と思えます。

そうは言っても早めるとなるとなかなか簡単にはいきそうもありません
けどね。
(意思の問題だろうに・・・


さすがに朝食前の測定で130を越えているとと考えさせられる、
と言うお話しでした。
(何じゃそら(笑)
地震の余波(?)
日曜の地震の時、万が一を考えドアを開けに行ったのですが、
その時物の見事にインスリンのことはすっ飛んでました。(笑)

あんなに『命を繋ぐもの』だと分かっていながら・・・。
あんな座ってる真横にありながら・・・。

実際、全然大したことなかったからいいんですけど、
そもそも万が一を考えての行動ならインスリンも忘れるなよ、
と情けなくなったと言うか凹んだと言うか・・・。

まだまだ意識として弱い証拠でしょうか。

その時その瞬間助かればいい、と言うのでは本当にいざと言う時に
困る気がしますね、やはり。

心のどこかで大丈夫だろうと言うアマい『だろう』は捨てるべきだと
改めて思いました。


と言うのも、能登半島地震以来どうも多いように思うのです。
しかもあっちこっちへ飛び火してるような。

阪神大震災や中越地震の折、それ程ではなかったと思うんですよね。
その近辺での大きな余震は何度かありましたけど、数100キロ
離れたようなところで何度も起こった記憶がないんですよ。
(実際どうだか分かりませんが・・・

東北でも震度4とかあったし今回の三重での震度5、
震度3程度なら週1~2回は目にするんじゃないですかね。

ソロモン諸島の方でも大きな地震がありましたしね。

専門家などは東南海地震とか南海地震とかとの関連性、可能性は
否定されてるようですが、備えとして心しておいて悪くはない
のかもなぁ、と言う気分にはなります。

まぁ、最終的には何もこないまま一生を終えることになるんでしょう
けど、心構えだけはしておかないとねぇ。

とりあえずは仮にドアを開けに行くにしてもすぐに戻って、
カバンを手にTVを見るぐらいにはならんといかんでしょうかね。(笑)

あぁ、そうだ。
ハンドルで充電できるラジオ付きのライトも買いに行かなきゃ。
(それこそ携帯できんだろうに・・・

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

凝りをほぐそう
マッサージへ早速行ってきました。

マッサージ自体は大変気持ち良く好きなんですが、難点が2つほど・・・。

腰から背中にかけてマッサージされるとすごくこそばゆいこと。
これは本トにたまりませんです。

その度に身体を硬直させてしまい「あ、痛いですか?」と聞かれてしまいます。
「いえ、こそばゆいんです。」と言うと決まって「あぁ。・・・。」となり、
きっと顔は半笑いなんだろうなぁ、と被害妄想にかられる破目になります。

もう一つはうつ伏せになるので、どうしても目が圧迫されること。
コンタクトをしているのでどうにも痛いのです。

ちゃんと枕におでこをくっ付けて直接目が押されないようにしているのですが、
どうしてもずれてきてしまい、5分もしないうちに直接圧迫されます。

終わってしばらく目がしょぼしょぼするのが困ったものです。

まぁ、それに耐える(?)だけで随分楽になるので特に問題と言うわけでは
ありませんけどね。


おかげで今日一日快適に過ごすことができましたけど、やはり
1回やそこいらじゃいけないらしく、これからしばらく通うことに。

病院なんかでも全般的に言えることですが、一度行くとしばらく
通うことになる。
それが億劫ですよね、正直な話。

どんなことにせよ早め早めのケアが大切ですから、そうは言ってられませんけど・・・。

うまく時間取らないとなぁ。
早く寝ろ
何かしんどいなぁ、と言うところでペースダウン。
昼メシ食べたら随分楽になったので元のペースに戻せました。

あれは一体何だったんだろうか?と思うぐらいです。

単にお腹が空いてたからとか血糖が低かったとか、
そう言う感覚ではなかったんですよねぇ。

やはりああ言う時はケチケチしないで測るべきですね。

いや、実際そう言う問題でもなくて、何やら熱っぽかったので
こりゃ血糖の類じゃないだろう、と言うことなんですが。

それにしたって食べて下がるのか?と言う問題も出てくるか・・・。

熱っぽい云々はともかくとしてもしんどさの原因は
肩凝りと眼精疲労でしょう。
もう首を回すのも痛いぐらいですから。

ちょっとマッサージにでも行って様子をみてみよう。


それにしてもあの程度のしんどさで、しかも原因もおそらく
とは言え分かっていて慎重になるのはやはりIDDMの
せいでしょうかね。

何でもかんでもそのせいにしちゃいけないんでしょうけど、
コントロールのこともあるし必要以上に慎重に対処しようとする
自分がいてビックリです。

ヘタに騙し騙し動いていて長引くのは厄介ですから、
これぐらいで丁度いいのかも知れませんけどね。

とりあえずよく寝てマッサージに行ってどうなるか?ですな。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

タバコ
タバコの害はよく分かってる(つもり)なんですが、
これがどうにも止められません。

千載一遇とも言えるチャンスも逃し、これはもう仕方ない
かなぁ、と諦めの心境も。

先で後悔するのは目に見えているんですが、『臭い物に蓋』
とばかりに見事にスルー。
都合の悪いことはとことんスルーです。


そんな私とは言え、何とかしなきゃとの思いは根強く、
考えるだけ考えております。

今さら「禁煙セラピー」なる本もなぁ、と思っているんですが、
読んでみる価値はあるかな、と優柔不断なことも思考の片隅に
入ってきています。

この本の怖い所(と勝手に思ってる)は読んでできなかったら?
と言う点ですね。

この辺は一度失敗してるから、と言うわけでは全然なく、
読んで理解した上でなお・・・と言うのが怖いのです。

人に言う言わないは関係ありません。

そこまで分かっていながら何故できない!?
と自分で思うのがイヤだなぁ、と。

もちろん理解できなきゃそれでいいんですが、
「分かっちゃいるけど・・・」ってのがねぇ、どうも・・・。


その前に軽いタバコに変えてみたらどうだろう?と1mgの
ものに変更してみました。

実際にはこんなことは禁煙に何の影響もなく、
本当に止める気があるならむしろ不向きだそうです。

『どうせ止めれんのなら少しでも軽い方が良かろう』程度
だったんですが、どうにもダメですね。

逆にストレスが掛かりそうな感触です。

要するに火がついて煙が出てりゃ得心するだろ、と
思ってたんですが大アマでした。

完全なニコチン中毒でしたな。(笑)
(当たり前だっての・・・

第一、それで得心する程度ならあの時に止められてるって話ですよ。


やっぱ一度読んでみようかなぁ・・・。
効果あるかどうか楽しむぐら 一念発起して。

テーマ:禁煙・タバコ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

文明のおかげ
ビルの谷間を抜ける高速道路なんか走ってると、
「本当に自然に発達してきた結果なんだろうか?」
とか思っちゃうことがあります。

もっともその文明のおかげで今こうして生き長らえて
いるわけだし、自分の考えを作文したりできるわけで、
恩恵に与っている身で言えた義理じゃないのは承知ですが。


自然な環境だったら自然な環境で、遠くの人と自由に
話せる(つまり電話になるんですが)、そう言ったことを
空想として憧れることもあるんでしょうね。

自然であることを殊更求めるつもりはないですけど、
無機質なビル群を眺めているとふと疑問に思うのです。

インスリンの入ったフレックスペンを眺めていても
変な感じしますしね。

まぁ、その存在がどれほど有難いか言うまでもありませんが・・・。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

主治医もお気楽かも
久々の通院日です。
全体的に可もなく不可もなくと言ったところでしょう、と。
(まぁまぁ基準内に収まっていると言う意味では

主治医に言わせると十分でしょう、とのことなのですが、
やはりHbA1cの高騰が気になります。

1月の5.2から2月は5.4、今月は5.7でした。

「5.8以下なら良好と言えますから。」との言葉も
虚しく聞こえるほどでしたね。

数値的にどうこうよりもここ数ヶ月上がり続けてることの
方が問題だと思うのですがどうも認識が違うようで、
範囲内であれば良しとする考え方のようです。

どうしても数字の上下は出てくるものだから、それが上限より
下であれば良しとしましょう、と。
要するに範囲内のものに(過剰に)反応してたら身が持たないよ、
と言うことですね。

この辺りは、それがストレスになって血糖値に影響が出たら
本末転倒だと言うわけです。

まぁ、理屈では分かるんですが、気にはなりますよねぇ・・・。

気にして気を付ける分にはいいんですが、それこそ
主治医の言うようにストレスになると良くはないので、
ここは持ち前のお気楽さを発揮するとしましょう。(笑)


他に特に問題がないからなのか何なのか、次回も2ヵ月後。

そのペースでいいんですか?と尋ねると、
今の所はね、と。

ただ、尿の蛋白が(-)から(+-)になったことで、
次回の検査日前に24時間の蓄尿を命ぜられました。

それを見てから、とのことなんですが、変に気になったためか
病院を出てからしんどさを感じてしまいまして・・・。(笑)

見事に影響受けとるなぁ、と苦笑いで帰って参りました。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

通院ペース
予定表を見て思い出しました。
そう言えば今週末は通院日なんだな、と。

症状が治まればつい忘れちゃうこともある投薬治療じゃないんで
1日最低2回以上は意識するんですが、2ヶ月丸々病院から遠ざ
かると何か変な感じもします。

改めて病気を意識すると言うか通院から逃れることができない
ことを再認識すると言うか。

先月行ってないんで、その辺りでしょうね。
2ヶ月って短いようで意外と長く感じたりもするんで。


こう言うペースだと助かるんだけどなぁ、と思うんですが
実際にはどうなんでしょうねぇ。

前回3月末か4月頭かの選択肢があったので、案外と
2ヶ月に1度でもいいと思ってるのかも知れませんね。

主治医とすれば良好なコントロール、血液検査のデータさえ
あればいいと言うか問題ないと判断するでしょうから。
(まぁ、そもそも良好なコントロールってわけじゃないけど(笑)

ただ、細かい変化に対応できないでしょうから、
ペースとして有難いとは思ってもなかなかずっと、
と言うわけにはいかんですなぁ・・・。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。