続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人騒がせな男
行ってきました。病院へ。

って、もっといい所へ行ければいいんですが生憎今の私には
どうもおあつらえ向きのようで・・・。

朝一から並んできました。

結論から言うと炎症も治まってると言うことで、今日の時点で
虫垂炎とは診断できない、と。
当然お腹も切らずに済んで非常にホッとしています。

まったく人騒がせでした。
すみません。

ただ、爆弾を抱え込んでるようなものなので油断はできません
けどね。

「痛くなったら来てよ。」なんて呑気に言われちゃいましたし。(笑)
(それでいいのか?

今後は腹痛にビクビクすることになるのでしょうか?
まぁ、それはないですね。
すぐ忘れちゃうし。(笑)


それはともかく、帰りのラジオから聞こえてきたことなんですが、
やはり健康と言うか痛みやしんどさのないことにもっと感謝しな
きゃいけないなぁ、と改めて思いますね。

インスリンの手放せないこんな身体とは言え、(七転八倒ではない
けど)ああ言った痛みと熱を同時に味わってしまうと滅多にない
ことだけに普通にできることが大変有難く思うものです。

何しろ待合室で待ってることが苦痛だなんてそうそうないんですから。
私で言えばサルモネラにやられた数年前だけですからね。


普通のことが普通にできる。
それが普通だから普通に流しているけど、普通じゃなくなったら
いかに普通が大事か思い知らされるものです。

以前のブログでも書いてたんですが、スイッチ入れたら灯りが点く。
当たり前過ぎるけど、それって凄いことなんですよね。

当たり前の普通。

それを捜してみるのも面白いかも知れませんね。
スポンサーサイト
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。