続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巡る季節
ここ最近、気が付くとタオルケットを巻いて寝ています。
そんなに寒くなったかなぁ?と思うんですが、寝ている間は体温が低くなる傾向にあるようで、どうやらその辺りが関係してるのかもなぁ、と思ったり思わなかったり。
(よく分からないんですけどね

で、今日もそんな感じだったんですが、珍しいことに咳で目覚めてしまいまして。
珍しいこともあるもんだと思って寝直そうと思うと、どうも喉に違和感が・・・。
妙に引っ掛かる感じでうがいに行って無事再び眠りに就けました。(笑)

そう言えば、と思い出すと昨年の今頃(こんな感じではなかったけど)急に熱が出たんだったなぁ、と。
完璧に風邪を引いたのがこのぐらいの時期でした。

おぉヤバいヤバいと身が引き締まる思いでした。
これぐらいの警告がある方がいいですね。
何の前触れもなく(昨年は気付かなかっただけな気もしますが)寒気と熱ってパターンは最悪です。


でも、もうそう言う季節になったんですねぇ・・・。
早いもんです。
日中はこれが10月前か?と思うぐらい暑いけど。

朝晩の寒暖の差が激しくなる季節。
皆様もどうかご自愛下さいませ。
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

珍しい兄妹
昨日は病院だけで半日仕事でした。

まず動悸の原因を探るべく紹介された病院へ結果を聞きに。
その足で間に合いそうだったので主治医の所へ、と。

ずっと車だったのでかなりのストレス(?)解消になりました。
(ようやくATにも慣れてきた(諦めてきた)か・・・


結論を言うと「特に問題のある所見は見当たらない。」と。
良かったぁ~。タバコとかやめろって言われなくて本ト良かった。(笑)
とは言えやはり節制はせんといかんのだろうけども。
ホッとしました。ま、予想通りではあるんですが・・・。

しかし相も変わらず人騒がせで。
ご心配下さった皆様、ありがとうございます。&お騒がせしました。

それにしても辛抱って程でもないけど騙し騙しやってて限界来て病院へ駆け込みゃ「はい、入院ね。」なんて言われるし、ここ最近みたいに早めに行きゃ行ったで何ともないし。
何てバランスが悪いんでしょう。
そうは言ってもそれは検査の結果何もないから言えることでね。
贅沢は言えませんです、はい。

ただ、24時間の心電図の結果時々不整脈が見られる、とのことでした。
そう言った時に動悸を感じるんだろう、と。
現時点で気を付けることはない程度だそうですが。


で、高速をスッ飛ばして主治医のところへ。
結果を伝えると「良かったねぇ。」と一言。
それから肝心の糖尿病の診察へ入りました。

まずは前回の「本当に1型か?」の結果なんですが、「間違いなく1型糖尿病だ。」とのことでした。
まぁ、そりゃそうでしょうな。
ここにきて覆されたら誤診だったってことでたまったもんじゃないですしね。
「兄妹で罹患するとは珍しい。」としきりに驚いてました。

驚いてたと言えば私のインスリン投与量にも驚いてましたね。
自己分泌が残っていることは伝えてあったんですが、それでも「少ないなぁ・・・。」と。

そう言うこともあっていい機会なので自己分泌量の測定をしてもらうようお願いしました。
主治医自体よく分かってないまま治療を受けるのは怖いですしね。(笑)
その上でインスリンの種類や量を決め直してもらおう、と。

話変わって、今回のHbA1cは5.8と上限一杯まで戻すことができました。
「これぐらいなら上出来。」と言っていたので、こっちは決め直してもらうつもりでも「このままでいいよ。」と言われそうですが。

後は振り幅の問題ですね。
低血糖の回数が多いわけではないのですが、食後200越えも少なからずあるのでその辺りをどうするか。
自己分泌で補えてるんだったらそれはそれでいいんですが、枯渇の問題がありますからねぇ。
どの程度でどうかも改めて聞いてみたいと思います。


検査は来月に行くつもりなんですが、それが済めば少しは落ち着きますかね。
病院なんてそうそう行ってられないし。

後は結果はともかく少しでも長くこのまま平穏に過ごせることを祈るばかりですな。


あ!抜け毛と糖尿病の関係を聞くの忘れた・・・。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

どっちつかず
仕事中、用事で出掛ける前に「念のため」と血糖を測ると104。
何とも微妙な数字でしたが外は暑いし結構時間もかかるし、と言うことで軽い補食を摂ることにしました。

ところが全然お腹空いてないんですねぇ、これが。
食べたくないと言うと何なんですがどちらかと言えばそんな感じで。
時間もないのに、ってのが拍車を掛けてそう思ったような気もするんですが・・・。
じゃあ測らない方が良かったかと言うと、それはそうでもないんですけど。

まぁ、ともかく面倒と言うか厄介だなぁ、と思います。
血糖のコントロールをマニュアルでやらなければならない以上、仕方のないことなんですが。

それにしても、こんなことぐらいでいちいち厄介だと思ってたんじゃ「この先どないすんねん!」と思ったりもするんですよね。
それこそ眠くても何か食べなきゃいけない時なんてのもこれからいくらでもあるでしょうし。

で、そう言うことを色々考えてると「この先長いなぁ・・・。」などとつい思うわけですよ。
大体80まで生きるとして(本気か?)後50年ぐらいですか。
1.5倍以上の時間をこうやって過ごすことになりますねぇ。
いと怖ろしや。(笑)

それでも命あってこそ、なんですよね。
面倒だとか厄介だなんて思うこと自体生きている証なんですね。

そう思うとインスリンのある時代で良かったなぁ、と思うのです。


そうは言っても厄介なのに変わりはありませんけどね。
(どっちなんだよ

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

大丈夫だぁ~
今日は検査に。
トレッドミル(負荷試験)と胸部超音波(エコー)でした。

相変わらずくすぐったいですねぇ。
胃カメラ飲むよりは数倍マシですけど。

いずれにしても検査なんつーのは受けないに越したことはないです。


まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、負荷試験。
あんなにしんどかったかなぁ?と言うのが正直な感想です。

昨年も入院時に運動の可否を判定するために行ったんですが、あんなに息切れしたように思わないんですよね。
おまけに先生から「苦しいですか?」と途中で聞かれる始末。
思わず「大丈夫ですけど・・・(何か?)。」と答えてしまいました。
苦しくはないけどしんどかったんですけどね。(笑)

それが本当かどうかは数値として表れてるんでしょうから意味ないなぁ、と。
異常があるかどうかはともかく、身体がどんな反応を示してどう言う状態かは分かるわけで、そう考えると怖いなと思います。

だから病院は嫌いなんですよね。
根性で何とか乗り切ってやる!と思ってても赤血球が異常に少なくて「そりゃ無理だよ。」と言われた時のようなものです。
ハッキリと示されるんで誤魔化しようがないんでね。

もっとも今となってはどんな些細なことでも早期発見に拘る気持ちが強いですが・・・。


で、いよいよ来週ですか。
結果が出るのは。

まぁ何も出てこないと思います。
この間の24時間の心電図の時も特に大きな動悸はなかったですし。
検査費用はかかりますが何もないのが一番ですからねぇ。
(とは言え負荷試験の時の脈拍の合間に聞こえるピーとかプーとか言う音は気になりましたけど・・・

それでも何も出ないでしょう。

いや、きっと大丈夫です。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ノーコンピッチャー
久々の低血糖、59が出てしまいました。
さすがにもう慌てることもなくなり、粛々と(笑)捕食を摂って様子見。

ところが、通常5分もすれば身体も元に戻るのですが今日はそんな気配はありませんで。
追加的にスポーツ飲料をちょびちょび飲んでいたんですが、変わらず。

で、「絶対にある程度以上は回復してるはずなんだけどなぁ。」ってことで30分後再度測ってみました。

ピッ・・・190

やってもぉたぁ~・・・。orz
体感とは裏腹になんちゅう数字。

しかし不思議なものでその数字を見たら程なく身体も普通に戻ったじゃありませんか。
何じゃこりゃ。(笑)

それまでの「回復せんなぁ、おかしいなぁ。」がウソのようです。
やはり視覚による情報って想像以上に大きいようです。

まぁそれより何よりもっと神経を研ぎ澄ますなりして体感を鍛えないといけないんですが、どうにも難しいですなぁ。


---------------
【続きを読む】

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

代償なんて払わない
我らが阪神タイガースが怒涛の10連勝!
しかも最後の3連勝は巨人戦、それも東京ドームで全て接戦と言う価値のある劇的なものでした。

これだけの快進撃を見せてくれた選手には心から尊敬の念を抱きます。
いや、本ト素晴らしいの一語です。
どんな状況になっても決して諦めない、何が何でも勝つんだと言う気迫が見ていて伝わってきました。

すごくうれしいことです!
昨年の同時期も怖ろしいぐらいの追い上げを見せてくれ感動しましたが、今年はそれ以上です。
思わず(休刊日のため)スポーツ新聞を買いに走るぐらいうれしいことです。


・・・が。
が、です。

こんなにうれしいことはそうそうないんですが、心配の種も。

そうなんですよ、皆さん満身創痍なんでねぇ。
その辺り大丈夫かな、と。

特にこの快進撃の立役者、JFK(ジェフ・ウイリアムス、藤川球児、久保田智之)のお三方。
うまく休ませながら、時に負けゲームを作りながらでももう少し何とかならんのかな、といつも心配してしまいます。

そりゃまぁ3人ともプロですからね。
私が思うよりはるかに頑強で体力もあるでしょう。

でも、そんなプロの選手の中でも酷使によって潰れる(潰される)例はいくらでもあります。

今年だけの話じゃないですからね。
この先何年も活躍してもらわないといけない選手ですから。
まだまだ若いですし。

だから、優勝しなくていいとは思わないですが、1試合や2試合接戦でも登板間隔によっては3人を休ませて江草投手や橋本投手、渡辺投手などに任せてもいいんじゃないか、と思うわけです。

今年優勝しても来年以降強固なリリーフ陣が保てなくて低迷したら何のことはないですからね。
選手個人の将来と言う観点からも、チームとしての将来と言う観点からも、これ以上無理のない采配を望むばかりです。
増やして減らして
今日の夕食はカレーでした。

いつもはビビって(笑)、カレーそばとかカレーうどんにして食べるんですけど夏場でインスリンの効きも良くなってるみたいだし、とカレーライスに挑戦することに・・・。


すると、

ピッ 264

大甘でした。(笑)
やっぱ、基本のインスリン量より1単位増やすべきだったなぁ・・・。
その上でご飯をもうちょっと減らしてれば、インスリン1単位(=おおよそ血糖値80相当)と相まってちょうどいい加減だったかも知れません。
次はそうしよ。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

悪循環
食前時測定51。
あぁ低血糖だな、と言うことで慌てて食事を放り込む。
すると決まって食後ダルいっす。(笑)

たいてい測る時間がなかったりなんで、実際どの程度かは把握してないんですが(今日も測ってないし)、典型的な悪循環だなぁと思うわけです。
こんなことしてちゃイカンなぁ、と。

そう言う時にこそちょっと無理してでも時間作って測るべきですね。
でないといつまでたっても解決策と言うか対処法が見付けられないですから。

まぁ、それこそ分かっちゃいるけど・・・ってヤツなんですが。


オートマチックでインスリンが出ない以上、自らの手でうまく調節してやらなきゃいけないわけで、結局壁にぶち当たるわけです。
もっとも歴1年程度で壁なんて言える身分(?)ではありませんけどね。(笑)
某元プロ野球選手の言うところの『実績のない選手はスランプなんてなくて、ただ未熟なだけ』ってのがピッタリですよ。

壁と言う表現を使いましたけど、今がその壁かどうかは正直分かりません。
インスリンの効きが暑さのためか良くなってる気がするので、冬場はもとより昨年の同時期よりも微妙なコントロールがつけにくいだけなんで。
それこそ2年3年と経験を積んでいけば解決するようにも思いますしね。

そう考えると、しばらくサボっていた研究と言うか勉強を分かった気にならずにもう一度一からすべきだな、と思うのです。
バタバタ気ばかり焦る中でどの程度できるかは未知数ですが。

やはり昨年末ですっかり崩れてしまった“少しのんびりとペースを落とす”がカギなんでしょうかね。
(って、決算前にできるかちゅーのっ!


ちなみにその低血糖の時、激しい動悸も息苦しさもありませんでした。

どんな結果が待ってるのか分かりませんが、どうもそれっぽくないような気がするなぁ・・・。
それともたまたま、かな?

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。