続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代償なんて払わない
我らが阪神タイガースが怒涛の10連勝!
しかも最後の3連勝は巨人戦、それも東京ドームで全て接戦と言う価値のある劇的なものでした。

これだけの快進撃を見せてくれた選手には心から尊敬の念を抱きます。
いや、本ト素晴らしいの一語です。
どんな状況になっても決して諦めない、何が何でも勝つんだと言う気迫が見ていて伝わってきました。

すごくうれしいことです!
昨年の同時期も怖ろしいぐらいの追い上げを見せてくれ感動しましたが、今年はそれ以上です。
思わず(休刊日のため)スポーツ新聞を買いに走るぐらいうれしいことです。


・・・が。
が、です。

こんなにうれしいことはそうそうないんですが、心配の種も。

そうなんですよ、皆さん満身創痍なんでねぇ。
その辺り大丈夫かな、と。

特にこの快進撃の立役者、JFK(ジェフ・ウイリアムス、藤川球児、久保田智之)のお三方。
うまく休ませながら、時に負けゲームを作りながらでももう少し何とかならんのかな、といつも心配してしまいます。

そりゃまぁ3人ともプロですからね。
私が思うよりはるかに頑強で体力もあるでしょう。

でも、そんなプロの選手の中でも酷使によって潰れる(潰される)例はいくらでもあります。

今年だけの話じゃないですからね。
この先何年も活躍してもらわないといけない選手ですから。
まだまだ若いですし。

だから、優勝しなくていいとは思わないですが、1試合や2試合接戦でも登板間隔によっては3人を休ませて江草投手や橋本投手、渡辺投手などに任せてもいいんじゃないか、と思うわけです。

今年優勝しても来年以降強固なリリーフ陣が保てなくて低迷したら何のことはないですからね。
選手個人の将来と言う観点からも、チームとしての将来と言う観点からも、これ以上無理のない采配を望むばかりです。
スポンサーサイト
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。