続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯船の中で
昨夜、youさんとこのチャットにおいて、唐突に本ト何の脈略もなく「IDDMに対する補助が欲しいなぁ。」などとのたまいました。
で、お風呂に入って考えてると意味ないなぁ、と思い至ったのです。

私自身、1型糖尿病に関しては何らかの補助があっていいと考えています。
一生涯に亘って治療が続く(インスリンが欠かせない)のですし、そもそも本人責任はないからです。

ただ、その理屈で言っちゃうと一生涯かどうかはともかくほぼ全ての疾患が当てはまりそうですがね。
肺ガンですら喫煙との因果関係を立証できないでしょうから、自己責任とは言い切れなくなる、と。

それは置いといて・・・、にも拘らず特定疾患でもなく障害者認定も受けられないんですねぇ。
普通の人と変わらない生活が送れるのに普通の人にはかからない負担だけが掛かる。
それも生きてる間ずっと。

正直なところ卑屈になってるだけ、と言えなくもない気もしますが(笑)、やはりどうあっても医療費負担が必要だと思うとある程度は・・・と考えてしまうのです。

以前TVで健康保険料が払えなくて病院に行きたくても行けない人を紹介してましたが、正にそんな状態になったらどうすんだ!?と。
もちろん、そうならないように努力すりゃいいことなんですが、そんなこと言い出したら話が進まないのでそこは華麗にスルー。

そう考えていくと、何らかの保障と言うか援助はあって然るべきなんじゃないかな、と思えるのです。


しかし、意味がないことだと思ったのは、結局そうなったとしても続かない気がするんですよね。
いずれそれが2型患者にも適用せよとかなんとかなりゃしないだろうかと危惧するので・・・。

みんながみんな理解してくれてりゃいいと思いますよ。
そもそもの発症の仕組みと言うか、そこまでは言わないけどせめて本人の責任の有無ぐらいは。
だったら1型に何故必要で2型は不必要なのか理解してもらえるでしょうから。

でも、とてもそうは思えないんですよね。
そこに利権が絡むかどうかは別にして、やはりそう言う理解のない人(大抵が優しい人ではあるんでしょうけど)が「1型と2型で差別するな!」とかなっちゃいそうで・・・。
そうなるといきなり十倍以上にも膨れ上がるわけですから、せっかく可能になったとしても呆気なく破綻するでしょう。
(仮にインスリン注射が必要な人だけを対象にしても数倍にはなるかと思われます

だから意味がないなぁ、と。

まぁ、その辺りは私の妄想なので(笑)、そうはならないとは思いますけど、現実的にはやはり難しいんだろうなぁ、と思います。
どんな病気だって負担はあるわけですし、治る見込み云々で片付けられるほど簡単な問題でもないでしょうし。
第一、保障制度としてすでに健康保険制度があるわけですから。
逆に言うと健康保険料納めて病気に罹らない人よりは元を取ってると言えなくもないかなぁ、と。


・・・と、どんどん考えていくとこれ以上の援助を求めるのはやっぱ厚かましいと言うか、浅ましいかなぁ、と湯船で一人納得しました。
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。