続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思ったより・・・
先週の検査の結果、ようやく聞きました。
(土曜に電話したらもう帰った後だっただけだけど・・・

では、一応結果の方を・・・。

        検査前  30分後  1時間後  2時間後
血糖値     121   276    364    312
Cペプチド   0.8   1.3     3.0    5.4

普通の人で空腹時Cペプチドが0.7~3.5だそうで。
そう聞くとギリギリってことは結構出てるんだなぁ、と思ったんですがさすがに甘かったですね。

と言うのも2時間値で7.0~8.0が通常量。私は約7割程度です。
しかも私の場合摂取後30分で0.5しか上がっておりません。

1時間後から2時間後にかけて血糖値を下げるだけのインスリン量は出ているようですが、とてもじゃないけどインスリン注射なしではやっていけないレベルです。
また当たり前のことですが、摂取後30分で0.5しか上がっていないと言うことは補う必要性がもちろんあるわけです。
むしろこちらの方が重要。
当然ですね。
(食後2時間少々高くても次回食前には100前後で落ち着くのはこの5.4のおかげですな

それでも思ったより自己分泌が残っていたようで、正直ホッとしました。
ホッとしたと言っても何も安心できるわけでもないのですが・・・。(笑)


で、今後の方針なんですが、やはり主治医から最初にあった提案は食前3回に就寝前の基礎の計4回、いわゆる頻回注射です。
温存と言う観点からは当然の提案ですね。
ただし、私の場合グルコバイを服用してる昼食後でもそれほどの差異は見られないことから、このままでも悪くはないんだけどなぁ、とも。
でも結局、昼食を比較的自由に食べられるように朝夕30MIX昼食時ラピッドの線でいこうか、と言うところで落ち着きました。

頻回注射はそれはそれでベストなのかも知れませんがいずれ必ず枯渇するわけで、イヤでもしなきゃいけない日が来ると思うとどうも現時点では積極的に取り入れる気になれませんでねぇ・・・。

できるだけ温存できるように、と改めて気合いが入った思いです。
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。