続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分かった振り?
昨日、今日と続けてモダン焼きを食しました。

さすがに今までの6単位ではマズイだろう、と昨夜は30MIX8単位をプスッと注射。
2時間後・・・270。○| ̄|_
最近はインスリンの効きが悪くなってるのか何なのか、こんな調子が続いています。

次いで本日、その結果と1単位当たりの血糖値にして約80相当を踏まえ、10単位注射。プスッ。
2時間後・・・149。
おぉ!これならいいじゃないですか。
夏場の倍ですが・・・。(笑)

両日食前は測り忘れたものの普段大幅な変動はないのでまぁ良しとするとして、その差約120となります。
ってことは1単位当たり60に減った?
詰まる所自己分泌の減少・・・?
何~~っ!?
まぁ、いつかは、ですしねぇ。
次回診察日に聞いてこよっと。


そう言えば・・・とハタと気が付き、もしかしたら朝昼ラピッドの夕30MIXにしたからか?と先日思い至りました。

皆さんご存知の通り30MIXは70%が中間型で、これの作用時間が18~24時間と言われています。
それでいくと日に1回にしたって作用としては(何とか)保つことになります。
それが今の状態ですね。

しかし朝晩2回打ってたと言うことは常にかぶってるような状態になり、それによってそれまでの数値が出ていたと考えられます。
要するに【10の基礎分+その日の単位×30%(食事に対する超速効分)】となるか、【10の基礎分+朝の残り(仮に5とする)+以下同じ】となるか、と言うことですね。(極大雑把には
そうなると差が出てきて当たり前です。
主治医が何を意図して今のやり方に変えたのか分かりませんが・・・。

そう考えると今の状態は説明できるように思います。

が、夕食後の高い数値はそれに変えてから始まったわけじゃないんですよねぇ・・・、これが。
そう考えると余計に高くなるような変更となり「先生、人の話聞いてないのか?」な感じもしないではないですが、まぁいいでしょう。(良くはないけど(笑)

その朝晩2回の頃から気温の低下と共に効きが悪くなったような気がするんで、そこら辺がよく分からないんですよね。
そうでなければこの仮説でいいと思うんですが。
(まぁ、夕1回によって尚更高くなるせいはもちろんありますけど


もう少し後にしようと思ってたんですが、また前倒しで来週行くことにします。
いつまでもこんな状態はねぇ・・・。
スポンサーサイト
DM NETWORK(寒
土曜、日曜と酒量が多かったせいか、月曜はまたもや前半ダウンでした。(笑)
本トに懲りないなぁ、と自分でも呆れますねぇ・・・。

しかも飲んでる間はコントロールのことも忘れがちで。
そんなに無茶な炭水化物の摂取はしてないはずなんですが、高めで推移してることは間違いないでしょう。
日曜は帰って測ったら172ありました・・・。

深刻なのは翌日の午前中ダウンよりも飲んでる間のコントロールなのは分かってるんですが、家ならともかく表でそうそうマメに測れませんからねぇ。
もちろん飲みに行く人達にはDMのことを伝えてありますが、話してると忘れるっつー話で。
その辺りはしっかりと意思を持って臨まねばならない今後の課題でしょうな。
飲んでる間ぐらいDMのことを忘れたい、と言う本音はあるんですが・・・。

【続きを読む】
ビタミン剤
お客さまにお配りする日めくりカレンダーを組んでいると、もうそんな時期なんだなぁと改めて実感します。
気の早い私は11月に入るか入らないかの内に1年の終わりを感じるんですが、この時期になるともう今にも明けそうな、そんな感じも受けてしまいます。
12月なんてのはほとんど半月の感覚ですから余計でしょうか。


そう言えば昨年の今頃ようやく退院したんでしたね。
おケツの手術から。
そして見事に禁煙に失敗した日でもあります。(笑)
(禁煙って入院中だけだけど・・・

手術などでもいささか緊張しながらも、反面「言うてる間に終わっとる。」とも思うものですが、気が付けば終わってからすでに1年です。まぁ、こんなもんですな。
そうこう言いながらまた来年もこんなこと言っとりますよ、私は。

こんなこっちゃアッと言う間に・・・いやいや毎年のように書いとるがな。(笑)


それはともかく、毎年のようにこの時期を迎えるまでに一度は風邪を引くものなんですが、今年はまだセーフです。
微妙に熱っぽかったりはあったものの、引いた感じはありません。
やはりヤバいと感じた時のビタミン剤の大量摂取が良かったのかも知れません。&手洗いとうがい。
(とか言いながら来週にでも引いたりして・・・
年末の大掃除の後はたいてい用心してても引くので、何とかそれまでは風邪を引かずにいたいものです。
またビタミン剤の摂取を増やしておきたいと思います。

皆様もどうかご自愛下さいませ。
再生医療に光あれ
   ヒト皮膚から万能細胞 京大チーム成功
                        (YOMIURI ONLINEより)
人間の皮膚細胞から、さまざまな臓器・組織の細胞に成長する能力を秘めた「万能細胞」を作ることに成功したと、京都大学の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究チームが発表した。
患者と遺伝情報が同じ細胞を作製でき、拒絶反応のない移植医療の実現に向け、大きな前進となる成果だ。山中教授は「数年以内に臨床応用可能」との見通しを示している。

山中教授らは、やはり万能細胞として知られる「胚(はい)性幹細胞(ES細胞)」の中で、重要な働きをしている4個の遺伝子に着目。30歳代の白人女性の顔から採取した皮膚細胞(研究用市販品)にウイルスを使ってこれらの遺伝子を組み込み約1か月培養したところ、ヒトES細胞と見かけが同じ細胞が出現した。
培養条件を変えることにより、この細胞が、神経細胞や心筋細胞などに変化できる「万能性」を備えた「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」だと確認した。作製効率は皮膚細胞約5000個につき1個で、臨床応用するのに十分という。

これまで再生医療で脚光を浴びていたES細胞には〈1〉人間に成長する可能性がある受精卵を壊して作るため、倫理的な批判を伴う〈2〉移植に使うと拒絶反応が避けられない――という問題があった。クローン技術を利用するクローンES細胞を使うと拒絶反応を回避できるが、材料となる卵子の確保が困難だ。iPS細胞なら、これらの問題をすべて克服できる。
ただ、山中教授らが遺伝子の組み込みに利用したウイルスは、発がん性との関連が指摘されているほか、組み込んだ遺伝子の一つはがん遺伝子だ。移植後にがん化しないような工夫が課題として残る。

(一部抜粋 引用終了)

いや~、実に興味深い記事です。
万能細胞、神経細胞や心筋細胞に変化できるってことは当然ランゲルハンス島にも変化、培養できるのでしょうね。
しかも元は自分の皮膚細胞なので記事にもある通り拒絶反応なんて起こりっこないでしょうし。たぶん。

皆さんご存知の通り私達糖尿病患者は合併症のない限りランゲルハンス島のインスリン分泌能だけの問題ですから、このまま成功すれば完全に克服できる可能性があります。
ただし、インスリン抵抗性のある場合はどうなんでしょうかね?
オートマチックで分泌されることにより徐々にでも改善されるのでしょうか?
だったらいいのですが、そうでない場合は薬を飲み続けるなりの作業が残ることになってしまいます。
(この認識間違ってるかな?

【続きを読む】

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

硬貨なら停電してても電話できるんですってね
本日は私にとって非常に珍しい経験をすることとなりました。

職場に備え付けの公衆電話。
これがどうもぶっ壊れたようで、テレホンカードだけが使えなくなったのです。
早速業者を呼んで修理を依頼した時、中身を見る機会に恵まれました。
っつーだけの話なんですが・・・。

20071119202443.jpg

20071119202454.jpg

中は意外と空洞が多いですねぇ。
機械物(特に中身)に疎いので、ここまでスカスカだとは思ってなかったんですよ。
こんなんだったらもっと詰め込んでコンパクトにすれば良そうに思うんですが、そこは素人の浅はかさと言うものなのでしょう、きっと。

中の回路(基盤、か)を見てると、思わず中学時代の技術家庭の授業を思い出しました。
半田ごてを使ってラジオを作ったり有線の簡易電話を作ったり。
懐かしいなぁ、と思うと同時に、やはりああ言った経験からその道を目指す生徒も何人かはいたんだろうなぁ、と勝手に空想。
そう思うと学校の授業も単に点数稼ぐだけじゃないのがよく分かります。
音楽や美術の授業から目覚める生徒もいるでしょうしね。

ちなみに私自身は何の興味も持たなかったです。
ただ座って授業聞いてるよりゃよっぽどマシ!ってな程度です。
そんなんだからダメダメ街道まっしぐらなわけなんですが。(笑)

【続きを読む】
宝の持ち腐れ
一昨日、グルコレスキューを問い合わせた返答がきたと書きましたが、昨日早速届いたようです。

思ったよりデカイですね、これ。
考えてみれば25gですからこのぐらいの大きさで不思議はないんですが、何となくイメージとしてもう少し小さいように思っていたので。
明らかに量的に小さいかと思われますが、ちょうど仁丹の詰め替えを一回りぐらい大きくしたものぐらいかと想像してました。
(随分オッサン臭いな・・・

これで後は試すだけなんですが、以前も書いた通り夕食後は平均して高いんで出番なし。
あえて少なめに食べてみたんですが、それでも高かったですね。


で、迎えた本日。
朝食後低いのは相変わらずなんで、期待しつつ様子見。
が、昨日53で低血糖になったのに今日は食後3時間ぐらいで93となかなかいい値。

普通なら諦めるところですが、どうせそんなに上がらないだろ、と強行実験。(笑)
まぁ、本当に低い値の時だと初めてなんで焦りが出るかも知れないと言うのもありましたが・・・。

15分後・・・101。(思ったより急には上がらないなぁ
30分後・・・151。(30分で60も上がったか
1時間後・・・131。(1時間後でも40アップなら十分使えるな
と言った具合でした。

私にとって回復具合に申し分のない結果となってくれました。
もう少し早く回復してくれるとなおいいのですが、こんなもんでしょうね。
ただ、30分を境に下がりだすようなので、食事までの時間によってはやはりその間にお菓子なりの炭水化物の摂取は不可欠のようです。
その通りできるとは思えないけど、30分後にビスコとか食べるといいのかな?


ところで昼食後。
仕事で出ていてふと気が付くと2時間経っていました。
ローテーションで今日は昼食に測る番。
と言うことで血糖測定。
ピッ・・・82。

び、微妙な・・・。
何とも中途半端。
だけどこの先まだ回らないといけないしこんな時こそ!、とグルコレスキューをカバンから取り出・・・しかけるのですが見付からない。
確か昨日入れといたはず、といくら捜しても一向に出てきません。
やってもうたぁ!!
どうやらカバンに入れたつもりで入れてないって最悪のパターンのようです。○| ̄|_

ま、まぁ私らしいっちゃあこれ程私らしいことはないんですがね・・・。
手に入れて喜ぶのはいいけど、携帯してなきゃ意味ないです。
阿呆の見本ですな。

って言うか、そもそも朝食後にわざわざ試す必要なかったですね。
出先で頻繁に測れるとは思えないけど、この時の方がよほど必要でしたから。
もっとも忘れていった事実に変わりはないので、ショックの度合いが増す分本気で凹むでしょうけど・・・。(笑)

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

冬の到来を予感させますよ
え~、とてつもなく下らないことを考えてしまいまして・・・。
こんなんだからいつまでもガキのようだと思いつつ(笑)、大阪弁でブログを書いたらどんな風になるのかと。
と言うわけで本日はそのようにしてみたいと思います。

です・ます調の丁寧語で書くとイントネーションだけの違いになりますので、それを避けた形で書くとします。
でないと「~でっせ。」とか「~でんなぁ。」とか普段絶対使わない言葉になりそうですからねぇ。

「しょーもな!」と苦笑いしつつ、温かい目で見守って頂ければ幸いです。


-----------


ちょっと前から左のおケツの上らへんがどうも痛い。
正確にはもう何ヶ月も前から小さいシコリはあってんけど、痛なかったから放っといてんけどね。
せやけど、何もせんでも痛なってきたら何ぼなんでももう行かなアカンなぁ、って思うわねぇ。

ほんで明日にでも行こか思とってんけど、どう考えても明日は無理で。
皮膚科の主治医(ってのもイヤやなぁ)は確か木・金やから明日逃すと来週になってまう。
1週間も我慢せなあかんのか、って思っとってんけど昼間バタバタしてたら痛なくなって。
行こか思いながらもこんなに小さかったら切ってくれへん、思っとったからこれ幸いにまた様子見よ思い始めてんねん。
何ちゅうても切ってくれへんかったら何や治った気ぃせぇへんしなぁ・・・。

せやから様子見るつもりなんやけど、そんなん言うてて年末のクソ忙しい時期に腫れるわ痛むわになったりしてな。(笑)


そうそう、今日はこんなんやから手短にしよ思てんねんけど、グルコレスキューのことすっかり忘れとってなぁ。
昨日のチャットで思い出して今日電話したんよ。
ほんなら「今見積もりの返事待ちです。」言いはんねん。
しゃーないから明日か来週まで待つつもりでおってんけど、30分もせん内に電話あってな。
「5コセットで315円です。」って言いよんねん。

あれ絶対忘れとったな。
そら先週問い合わせた結果がたまたま今日の電話した後やったんかも知れへんけど、そんな問い合わせに1週間もかかる思われへんからなぁ。

人間、正直に生きなあかんね。
まぁ、正直に言うたら言うたで怒る人間もおるから確かに難しいけど、疑念抱かせるよりはマシっちゅうもんや。
こんな小っさなことやからええけど、話が大きなったら大きなる分そんな気がするで。
怒りはその時だけやけど、疑念はずっと(ちゅうこともないけど)続くからなぁ・・・。
今日はまた勉強になった日やったな。
その意味ではその薬局に感謝せなあかんね。




-----------


・・・。
何じゃこりゃ!?(笑)
恐るべしマクドナルド(今さら
土曜のことです。
ふと思い立ってお昼にマクドナルドを食べてみることにしました。

出る前に調べてみるとフィレオフィッシュ38.9g、ポテトM49.4g、ナゲット5コ14.0gの計102.3gの炭水化物量でした。
何故この量なのかと言うと、グルコバイの時に十分な結果が得られているからです。
これだけの量(-ナゲット3コ)で食後2時間時点で150~180の範囲なんですよねぇ、不思議なことに。
3時間後などは測ってないんで何とも言えませんが、少なくとも次の食前には100以下に落ち着きます。
これに加えて、それまでの食後の様子からラピッド1単位当たり18~20gの炭水化物量に相当と類推します。
(十分なデータがないんでこの辺り賭けに近かったですが

それを踏まえて、ラピッドを5単位注射。
補食の失敗から食前135と高かったため6単位にしようかとも思いましたが、比較的暑かったのでまぁ大丈夫だろう、と。

結果食後2時間時点119。
お!いいじゃないですか。
珍しく読みが当たったか!?

・・・と喜んでいたのも束の間。
夕食前に測ってみると221・・・。やはり脂質か。○| ̄|_

その後夕食の量を減らした上で30MIXを8単位打った結果、2時間後に154と落ち着いてくれホッとしましたが。


今回の結果を受けて3時間後(いや2時間後かな?)に追加ラピッド1単位打てばいいらしいことは分かりました。
その意味で非常に有意義でした。

が、一方で分からないと言うか腑に落ちないのはグルコバイの時です。
単純に炭水化物量だけで考えた場合、74gに相当する200gのごはんでも食後200オーバーです。
でもマクドナルドの場合、そうはならなかったんですよねぇ。
炭水化物量は明らかに多いのに。
脂質が多いからゆっくり上がったと言うか、後からきた分もあるんでしょうな。

ただ、もしかするとグルコバイで糖分の吸収を遅らせているのと、朝食時に打つ30MIXの中間型の分が有効に働いていたのかも知れません。+自己分泌で。
となると、やはり2時間後、或いは3時間後の追加打ちが有効となるでしょうか。
いや、その条件はいつも同じはずだからごはん200gとの比較はできないか・・・。

う~ん。
ま、いくら考えても机上じゃどうしようもないんで、今度また試してみたいと思います。

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

そこにあるイメージ
風変わりな男は新幹線のポーチを持っててもおかしくない。
こんなご意見を頂きまして。
ありがたいと思う反面、複雑な感じもしないではありません。
一体どんなイメージで見られてるんだろう?と。(笑)
もちろん悪い意味で仰ってるのでなく、冗談で仰っていることは重々承知しておりますよ。


インターネットと言う顔の見えないツール。
であるが故に、どうしてもそこには様々なイメージが付きまといます。
真面目そう、しっかりしてそう、打たれ強そう、面白そうなどなど。(注 自分のことではありませんよ、念のため
読めば読むほど、或いは書き込めば書き込むほどそのイメージは膨らみ、固定化されていく。
それが俗に言う『キャラ化』と言うヤツなのでしょう。

その『キャラ化』自体の是非は問うまでもありません。
そんなイメージってのは実生活だってあるわけですから。
例えば私などでもあるんですよ。
テンパるとあらぬ方向に暴走してしまうんで、それが災いしてか大きなイメージダウン。(笑)
それが被害妄想なのかどうかまでは分かりませんが、悪感情にまで発展するかどうかはともかくとして「あぁ、たぶんこの人のイメージとは違うんだろうな。」ってのが。

ただ、やはりそう言うのは面白いなぁ、と思います。
実体とのギャップと言うと大袈裟な気もしますが、それも含めて。
時に相手のイメージに合わせるようにしてる自分に「オマエ何やっとんじゃ?」って自問とかね。

で、ネットと言う環境にあっては文字がそのイメージを作り出すわけですよ。
今回の場合ですと、まぁこの男なら新幹線ぐらい平気で持ちそう、ってところでしょうか。
(或いは如何にも、な漫画チックでないところで許容される向きもあるかも知れませんが・・・
でも、それは決してマイナス的な意味で捉えられるものではありません。
何故なら、私の周りを見渡してみても極客観的に見てやはり私ぐらいしか持ちそうにないからです。(笑)
そう思うと実に的確。

やはりどうしても文章として表れるものなのかも知れませんねぇ。
私の友人なんぞでもその人らしい文章になってますし。


ところで、普通はどうなんでしょ?
例えば私は人様のブログなどを読む場合、特にイメージせず文字と内容だけ追っ掛けちゃうんですけども。
イメージすることがあるとしてもコメントを書く時ですかね。
(それとも無意識の内にイメージの上に読んでるんだろうか・・・?

でもやはり名前(と言うかタイトル)を見たら、自然とその人をイメージしてるのかも知れませんねぇ。
意識してないだけで。

今、書きながら(打ちながら)そんな気がしました。
とっちゃん坊や
ついに沙織(父)さん(おやぢさん)経由で手に入れました。
以前より「欲しい欲しい。」と子供のようにアッチコッチで叫んでいた、日本IDDMネットワークさんが提供されているIDDM専用ポーチを。
おやぢさん、ありがとうございました!(遅ればせですが・・・^_^;

20071107203320.jpg

色々なところで写真とか見てて、血糖測定機とインスリンがまとめて入って便利だなぁと思ってたんですよね。
でも、なんせ新幹線ですから・・・。
そう言ったところで二の足を踏んでいたんですが、色々お話しさせてもらう内にやっぱ申し込んじゃおうってことで。

実際に持ってみるとそう気にすることもないですね。
手で持って歩くわけではなく、普段はカバンに入れて持ち歩くので見られることもないですし。
ただ、テーブルにそれを置いてる姿は客観的に見たらどうでしょ?(笑)
女性がキティちゃんを持ってるのとは意味が違うような違わないような・・・。
まだ誤魔化しの利くガンダムでも貼り付けようかなぁ?
(そっちの方が変だって(笑)

と、まぁ外見的には必ずしも大人が持っていいものじゃない気はしないではないものの、内容はいいですよ、これ。
全部一つに入るのは便利です。

20071107203333.jpg
20071107203346.jpg

万が一の時にも咄嗟に持てば血糖測定機だけ・・・なんてことはないでしょうしね。

大切に使わせてもらおうと改めて思います。

 ・
 ・
 ・


今はまだギリギリ大丈夫な範囲だと思いますが(ヲイ)、もう少し成長して渋いオジサマになった暁にはシールでも貼ることとしますか。(笑)

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

様子見
本日は病院へ行ってきました。
自分の予定してたのより1週間程度早いんですが、朝の低血糖と夜の高血糖が気になるので急遽変更。
この辺り予約のない受診状況が助かりました。

まずはその朝と夜の話からスタートしました。
が、若干自己分泌が減っている可能性は示唆されたものの、HbA1cが5.8と変わらなかったことで特に問題視もされず夕食時のインスリン増量で様子を見ましょう、と。
そして朝に関しては「お餅は消化が早く、すぐ上がってすぐ下がるから。」とのことで、これも様子を見ることに。
朝、昼はラピッドに変わることもありそれ以上は聞かず、元々自分で調整するつもりでしたので了解を得られた以上、それ以上は次回までの様子を見てからにしました。
その間のデータを元にまた来月微調整することになるでしょう。

次いで話は1型としてどう言う状態にあるのか、に移りました。
実は今までハッキリとは聞いてなかったんですが、やはりSPIDDMと言っていいでしょう、と。
以前の主治医と同じでハッキリとそうだとは言えないとのことでしたが。
そもそもそう言う定義自体今はなくなりつつあるようで、「一時流行った時はそう言うのも広く言われたんだけどねぇ。」と笑ってらっしゃいました。
流行り廃りが影響するのか?との疑問を抱えながらも他に患者さんがいらっしゃいますし、次に聞いておきたいこともあったのでスルー。

で、次に聞いたのがアレルギーに関して。
もう数年前からなんですが、そんなにひどくはないもののくしゃみが多いんですよね。
以前はクラリチン錠を処方してもらってましたが、どうも効きが鈍くなったようで・・・。
そこでそれより強い薬に変えてもらいました。それがアレグラ錠です。
どちらも眠気と口渇の少ない抗アレルギー剤ですが、アレグラ錠の方が若干強いようです。
で、これもまた来月まで様子見、と。
動悸の方も何もなかったし自己分泌も調べてもらって落ち着いたので(笑)、次回はアレルギーの検査をしてもらうことにして終了。

それ以外は特に気になるところはなかったと思います。
いずれにしても朝・昼ラピッド、夕30MIXでどのように推移するか見てみないと何とも言えませんしね。
食後の血糖値をいかに保つか、まずはこれに尽きます。
まぁ、じっくり取り組んでいくとします。

そして気になるグルコレスキュー。
処方箋に一応書いてもらい(本来は保険対象じゃないので何なんですが・・・)薬局の人に聞くと「現在のところ取り扱いはありません。」と。
取り寄せを検討してもらえるようお願いして、ただ今結果待ちとなっております。

高血糖に関して明確な答えは得られませんでしたが、仕方ない部分もあるでしょう。
全体的に上がってるわけではなく夕食後だけですから。
食べる量とインスリン量を変えながら合わせていくしかないんでしょうね。
ま、気長にやりますわ。(笑)


ところで、在宅医療費。
これにチップと穿刺針、アルコール綿が入っているんでしょうけど、色々変えて計算してみるとチップと穿刺針が1セットで420円、アルコール綿が200枚入り1箱が840円と出てきました。
こんなもんなんでしょうかね?
更に言うと差額からそれらを割り出したのですが、どうしても2,520円と言う金額が残るんですよねぇ。
根本的に計算違いを犯してなければこれが基本料と言うか指導料となるんでしょうな。
改めて医療費を考えさせられます。
まぁ、どうしようもないことですが。(笑)

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ちょっとしたアップダウン
数日前から朝食を冬仕様のお餅に変えました。
まだ全然ストーブを出すぐらいではないんですが、冬場の手荒れのことも考えてオーブントースターで焼こうと思い、その焼き具合も含めて実験的に。

お餅が大好きなのでうまく焼けるんなら夏も食べようかと目論んでいたんですが、これがどうも微妙で・・・。
膨らむ部分はバリバリ、肝心のお餅の部分は微妙に固い。
その上ストーブのように食べる直前まで温めておくことができないため、どうしても冷たくさらに固くなってしまうのです。

いかに好きとは言え、この状態じゃいくら何でも年中食べようとは思えないですねぇ。
もっとうまく焼くコツとかあればいいんですが、とりあえずはもうしばらく色々試してみたいと思います。


ところで朝食をお餅に変えてからどうも低い血糖値(朝食後~昼食前)が続いています。

ごはんの量を増やしているのでそれに合わせて丸餅の時は4コ。
炭水化物量にして72g、熱量で320kcal。
他のおかずやヨーグルトなども同じ物を摂っています。
なので数字だけ見れば変わるはずなどなさそうなんですが・・・。

ただ、前日の夕食時、食後の高血糖を懸念して6単位、時には8単位(これは医師の了解済み)打ちますんで、ひょっとしたらこの関係かな?とも思っております。
多く打てばその分残って影響する基礎の分も多いでしょうから。
確かに夏場などは朝6単位、夕4単位で十分な時もありますから、量としては増えてますしね。

しかし不思議なのは昨年と言うか今冬は全然そんなことはなかったことです。
それどころか食事量としては当時より増えてます。
夏場になって朝食後の低血糖が多くなるにつれ、8単位から6単位へと変わりましたが、元々は朝食時8単位なんですよね。
そう考えると、いくら前日夕食後が増えた(と言っても許容範囲内ですが)とは言え、どうも釈然としません。

ちょうど夕食後だけ高いのも気になってましたし、前倒しで来週早々にでも病院へ行って聞いてくることにします。
こう言う時、予約制じゃないのはありがたいなぁ、と思いますね。


まさか焼き方と言うか焼き加減でこうなってるわけじゃないだろうしなぁ・・・。(笑)

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。