続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様子見
本日は病院へ行ってきました。
自分の予定してたのより1週間程度早いんですが、朝の低血糖と夜の高血糖が気になるので急遽変更。
この辺り予約のない受診状況が助かりました。

まずはその朝と夜の話からスタートしました。
が、若干自己分泌が減っている可能性は示唆されたものの、HbA1cが5.8と変わらなかったことで特に問題視もされず夕食時のインスリン増量で様子を見ましょう、と。
そして朝に関しては「お餅は消化が早く、すぐ上がってすぐ下がるから。」とのことで、これも様子を見ることに。
朝、昼はラピッドに変わることもありそれ以上は聞かず、元々自分で調整するつもりでしたので了解を得られた以上、それ以上は次回までの様子を見てからにしました。
その間のデータを元にまた来月微調整することになるでしょう。

次いで話は1型としてどう言う状態にあるのか、に移りました。
実は今までハッキリとは聞いてなかったんですが、やはりSPIDDMと言っていいでしょう、と。
以前の主治医と同じでハッキリとそうだとは言えないとのことでしたが。
そもそもそう言う定義自体今はなくなりつつあるようで、「一時流行った時はそう言うのも広く言われたんだけどねぇ。」と笑ってらっしゃいました。
流行り廃りが影響するのか?との疑問を抱えながらも他に患者さんがいらっしゃいますし、次に聞いておきたいこともあったのでスルー。

で、次に聞いたのがアレルギーに関して。
もう数年前からなんですが、そんなにひどくはないもののくしゃみが多いんですよね。
以前はクラリチン錠を処方してもらってましたが、どうも効きが鈍くなったようで・・・。
そこでそれより強い薬に変えてもらいました。それがアレグラ錠です。
どちらも眠気と口渇の少ない抗アレルギー剤ですが、アレグラ錠の方が若干強いようです。
で、これもまた来月まで様子見、と。
動悸の方も何もなかったし自己分泌も調べてもらって落ち着いたので(笑)、次回はアレルギーの検査をしてもらうことにして終了。

それ以外は特に気になるところはなかったと思います。
いずれにしても朝・昼ラピッド、夕30MIXでどのように推移するか見てみないと何とも言えませんしね。
食後の血糖値をいかに保つか、まずはこれに尽きます。
まぁ、じっくり取り組んでいくとします。

そして気になるグルコレスキュー。
処方箋に一応書いてもらい(本来は保険対象じゃないので何なんですが・・・)薬局の人に聞くと「現在のところ取り扱いはありません。」と。
取り寄せを検討してもらえるようお願いして、ただ今結果待ちとなっております。

高血糖に関して明確な答えは得られませんでしたが、仕方ない部分もあるでしょう。
全体的に上がってるわけではなく夕食後だけですから。
食べる量とインスリン量を変えながら合わせていくしかないんでしょうね。
ま、気長にやりますわ。(笑)


ところで、在宅医療費。
これにチップと穿刺針、アルコール綿が入っているんでしょうけど、色々変えて計算してみるとチップと穿刺針が1セットで420円、アルコール綿が200枚入り1箱が840円と出てきました。
こんなもんなんでしょうかね?
更に言うと差額からそれらを割り出したのですが、どうしても2,520円と言う金額が残るんですよねぇ。
根本的に計算違いを犯してなければこれが基本料と言うか指導料となるんでしょうな。
改めて医療費を考えさせられます。
まぁ、どうしようもないことですが。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。