続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分かった振り?
昨日、今日と続けてモダン焼きを食しました。

さすがに今までの6単位ではマズイだろう、と昨夜は30MIX8単位をプスッと注射。
2時間後・・・270。○| ̄|_
最近はインスリンの効きが悪くなってるのか何なのか、こんな調子が続いています。

次いで本日、その結果と1単位当たりの血糖値にして約80相当を踏まえ、10単位注射。プスッ。
2時間後・・・149。
おぉ!これならいいじゃないですか。
夏場の倍ですが・・・。(笑)

両日食前は測り忘れたものの普段大幅な変動はないのでまぁ良しとするとして、その差約120となります。
ってことは1単位当たり60に減った?
詰まる所自己分泌の減少・・・?
何~~っ!?
まぁ、いつかは、ですしねぇ。
次回診察日に聞いてこよっと。


そう言えば・・・とハタと気が付き、もしかしたら朝昼ラピッドの夕30MIXにしたからか?と先日思い至りました。

皆さんご存知の通り30MIXは70%が中間型で、これの作用時間が18~24時間と言われています。
それでいくと日に1回にしたって作用としては(何とか)保つことになります。
それが今の状態ですね。

しかし朝晩2回打ってたと言うことは常にかぶってるような状態になり、それによってそれまでの数値が出ていたと考えられます。
要するに【10の基礎分+その日の単位×30%(食事に対する超速効分)】となるか、【10の基礎分+朝の残り(仮に5とする)+以下同じ】となるか、と言うことですね。(極大雑把には
そうなると差が出てきて当たり前です。
主治医が何を意図して今のやり方に変えたのか分かりませんが・・・。

そう考えると今の状態は説明できるように思います。

が、夕食後の高い数値はそれに変えてから始まったわけじゃないんですよねぇ・・・、これが。
そう考えると余計に高くなるような変更となり「先生、人の話聞いてないのか?」な感じもしないではないですが、まぁいいでしょう。(良くはないけど(笑)

その朝晩2回の頃から気温の低下と共に効きが悪くなったような気がするんで、そこら辺がよく分からないんですよね。
そうでなければこの仮説でいいと思うんですが。
(まぁ、夕1回によって尚更高くなるせいはもちろんありますけど


もう少し後にしようと思ってたんですが、また前倒しで来週行くことにします。
いつまでもこんな状態はねぇ・・・。
スポンサーサイト
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。