続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうなのかなぁ?
最近またリバイバルブームなのかどうか分かりませんが、『ヤッターマン』に代表されるように昔懐かしのものをよく見掛けます。
ちょっと前だったらカバーアルバムや昔のベスト盤が出たり、意味は違いますが『三丁目の夕日』で郷愁を感じたり。

まぁ、私としても嬉々として『ヤッターマン』を見てる一人ですし、○○年代(と言うのかな?)のベスト盤などは欲しいなぁと思いますので、それ自体どうこう言うつもりはないです。
むしろ昭和年代を掘り起こすと言うか、温故知新の精神になればいいんだろうと思いますし。


ただ、その中で一つだけ解せないものを見掛けました。
『世界名作劇場』がパチンコ台になると言うものです。

確かに商いとしては間違ってないと思います。
数字を計算できる有力なアイテムとなりますし、何より新たなマーケット開拓の期待が大だからです。
それが継続して、或いはパチンコ自体に興味を引く結果にならずとも当面の目標は達せられるでしょう。

だけどねぇ・・・。
仮にも名作と銘打たれ、多くの感動と涙を生んだアニメを持って来るか、と。

ハッキリ言ってこれはパチンコメーカーの問題と言うより、版権を持ってる側の問題でしょうね。
『ドラゴンボール』の原作者、鳥山明氏じゃないですけど、「子供達のためのものだから」と断わってくれなかったんだなぁ、と少し寂しい気持ちになります。
ネロに共感し純粋な涙を流した子供が、時を経てネロに熱狂(?)し一喜一憂するオッサンになると言うのはどうなのかなぁ?と。

もっとも、そんな正論だけでお腹が一杯になりゃ誰も苦労しないですけどね・・・。

えぇ、そんなことは分かってますよ、分かってますとも。
でも、分かってるけどついつい思っちゃうことってあるんですよね。(笑)
スポンサーサイト
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。