続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散歩中の考え事
私は毎日のように散歩に行きます。
発症時は最低30分は早足で運動の効果が出るようにと歩いてたんですが、母が狭心症を患って以来犬の散歩になりました。

実際問題としてどの程度効果に差があるのか、ほとんどないのか分かりませんが、まぁダラダラにならざるを得ないですよね。

そもそも運動療法の一環として(最初はそう思ってましたが)散歩すると言うより健康のためなので、どっちゃでもいいと言えばどっちゃでもいいんですけどね。
第一何ちゃってカーボカウントで(笑)、ある程度バランスが掴めているので変に運動すればややこしくなりそうですし。
そう言ったこともあり、今は効果とか考えず半ば義務的ではありますがダラダラと楽しく行っとります。

ただ、食後高い時はできることなら追加射ちより運動した方がいいんでしょうね。
実際私もそうしてた時期もありますしね。
でもそうそうできるわけない、っつー話になるわけなんですが・・・。


さて、この所の寒さに閉口するばかりなのですが、散歩の途中、風が止み日が差せばそこそこ暖かく感じます。
土地柄を有難いと思うと同時に、やはり太陽と言うものは偉大なんだなぁ、と思い知らされます。
太陽信仰とでも言えばいいんでしょうか、太陽を崇める宗教観は世界中にありますからねぇ。
そりゃ大したもんですよ、太陽は。

思えば、太陽にとってはただ単に核融合を繰り返してるだけなんですよね。(確か・・・
それが熱となり光となって、私達が生活できる環境になっている。
そう思うと何やら考えさせられますね・・・。

ところで、太陽と言えば私がガキの頃からソーラーパワーとかって、膨大なエネルギーの有効利用について言われてましたね。
すごく近未来的でソーラーカーも含めてワクワクしたのを思い出します。
結局、夜間とか天候に左右されるとかで、私がその頃期待したほどの利用率ではないようですが。

そこで、地上に届いた分で考えると効率が悪いことから、宇宙に巨大なソーラーパネルを設置してそのエネルギーを地球に送る計画なんかもあったかと思うんですが、どこまで進んでるんですかね?
1日でも早く実現してエネルギー問題を解決して欲しいものです。
そもそも宇宙に行くのすら未だに苦労してますから、まだ先の長い話になるんでしょうけど。

その実現の際に是非願いたいのは、国とか研究機関とかの枠を超えて地球全土のために一律に供給して欲しいと言うことです。
これは何も奇麗事じゃなく、エネルギー問題に貢献したとして未来永劫名を遺す野望として。

お金は確かに大事ですが、これぐらいスケールの大きな野心を持った人っていないかなぁ?
スポンサーサイト

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。