続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクドナルド・完結編
本日の昼食は久し振りのマクドナルドでした。
ノボペン・デミを手に入れて以来初の挑戦にしてリベンジです。(遅っ!

メニューは前回までと全く同様、フィレオフィッシュ(38.9g)、ポテトM(49.4g)、ナゲット5コ(14.0g)です。
計102.3gの炭水化物を含有する脂ギッシュな面々です。
他のものでもいいんですけど、そうするとややこしくなりますからねぇ。


前回までのおさらい。
全体的に低めで推移し3時間を越えた辺り(或いは少し前?)から上昇に転じ、何もしなければ夕食前には200オーバーとなりました。
それを踏まえて前回は食後3時間半の時点でラピッドだと下がり過ぎるといけないと思い、30MIXを2単位注射。
ところがやはり少なかったようで、前々回よりは下がったものの夕食前176と普段はあり得ない数値となってしまいました。

で、迎えた今回です。

    昼食前  129(チト高いか
   1時間後  118(ふむふむ
   2時間後  141(順調でないかい?
 2.5時間後  137(わすかに下がるのか
   3時間後  130(また下がった でも前回を信じてここで追加射ち
 3.5時間後  141(抑えられてる?
   4時間後  170(高いとは言え許容範囲内、かな?
   5時間後  134(そろそろ上がる要因がなくなる頃か
    夕食前  150(上がっとる○| ̄|_

何じゃこりゃ!?
全体的には及第点をあげてもいいと思うんですが、最後が・・・。

今回は食前にラピッド5単位、3時間後の追加射ちにラピッド1単位にしてみました。
実は追加射ちの際、最初0.5単位に合わせてお腹に刺したんですけどそこでハタと気付き一旦抜きました。(ヲイヲイ
確か前回の追加射ちは30MIX2単位だったなぁ、と思ったもので。

30%が超速効になるわけですから30MIX2単位はラピッド0.6単位に相当することになりますからねぇ。
ラピッド0.5単位射っても意味ないわけです。
結果として正解ですた。


と言うところで、最後に不満は残るもののまぁ良しとしましょう。
完全攻略とはいかないものの、私としては十分な成果を得られました。
マクドナルドはようやく卒業です。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

結果オーライ
本日の昼食はピザなんてハイカラなものにしてみました。
ドリンクはもちろん日本茶です。

実験前に色々調べてみたんですが、またも調べ方が悪いのか時間のない中で慌てて調べるからなのか見付けられず。
全くの手探り状態で注射の単位数を決めることとなりました。
唯一分かったのがドミノピザのサイトに載っていた1ピース148kcal。
熱量が分かってもねぇ・・・。

結局見た目で判断することにし、3切れ+ポテト3つで4.5単位射つことにしました。
が、食べ進めていくと思った以上のボリュームに気付いてきたんですよ。
5単位にすれば良かったかな?と思いながらも「まぁ、ええわ。」と。

ここで推移を見ていきたいと思います。
  食前  116(最近はこんなもん
1時間後   67(でも上がるはずと思いながらも業務に支障がでそうなので、ジューCグルコース1粒補食
2時間後  112(順調に上がってるじゃないか
3時間後  149(もうこのぐらいでいいぞ
4時間後  190(インスリンも下降線だろうしなぁ・・・
 夕食前  128(上がり続けなくて良かった

1時間後、低血糖になったのは意外でしたが、結果オーライと言ったところでしょうか。
これを回避しようとすれば後々上がることは確実なので、その都度の対処の方が良さそうですな。
また、今回は油物の吸収が遅れるのを実感した思いがしました。
追加射ちが必要ないのは、マクドナルドよりよっぽどゆっくり上がるからでしょうかね。

それらを踏まえて考えると、私にとってはまぁ食べやすい部類の食品だと言えます。

【続きを読む】

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

地球を眺めると言う夢
宇宙飛行士の土井隆雄さんが明日朝、帰還されるそうです。
国際宇宙ステーションへの日本の実験棟『きぼう』のドッキングも含めて、大変なミッションだったと思います。


ニュース映像なんかでああ言った姿を見ると、本当に羨ましくなります。
死ぬまでに一度は宇宙に行ってみたいと、ガキの頃からずっと思ってるから余計でしょうか。
まぁ、だからと言って宇宙飛行士になるべく勉強したかと言うとそうではありませんけどね。理系じゃないし。(笑)

そんなもんだから、早く月旅行ぐらいが一般的にならないかなぁ、と待ち望んでいるわけです。
もし年収ぐらいの金額で行けるのなら、いや年収の数倍としても喜んで申し込みたいぐらいの勢いですね。
それだけの価値はあると思います。
あの広大無辺な宇宙空間から生命を育む大いなる母星を見ると言うことは。

しかし、今となっては不可能なんじゃないかと思っています。
先日のDM VOXでの【NO LIMIT】との言葉に気持ちを新たにしておきながらナンなんですが・・・。

だって宇宙に行くには健康でなきゃいけないんでしょう?
この辺りは今みたいに大袈裟にド~ンって行くんじゃなくて、フィ~ンってな感じで行けるようになれば変わるのかも知れませんが、それにしたって宇宙に行くわけですからねぇ。
病気の一つもあっちゃいけない、ってなる可能性は低くないんじゃないかなぁ、とネガティブ思考になるのでつ。。

もっともそれでなくとも月旅行なんて、まだまだ先のお話しでしょうね。
月面基地すらできてないのに旅行も何もあったもんじゃありませんよ。
それこそ再生医療の方がよっぽど早いかも知れません。

そう考えると、再生医療で健康になって宇宙へ・・・なんて言う時代がくるんでしょうかね?
でも、そんな時代が来る前にせめて食料と医療、エネルギーだけは格差なく分配される世の中になるといいですね・・・。
取り合いになったら日本としてはマズいでしょうから。(そこかいな


ところで、もし宇宙人がやって来て「宇宙へ連れて行ってやるぞ。」と言われたらどうするかなぁ?と飽きもせず考えないでもありません。
今ならβ細胞の再生と引き換えだったらOKするでしょうかねぇ?(笑)
何やらすごい経験ができそうで興味を惹かれますし。

ただ、帰って来くることができるとしても知り合いが誰もいない浦島太郎になるんで、そこまで腹括れるかな?っつー話になりますよね。
知的好奇心との狭間で揺れるところですな。
(揺れるも何もそもそも親切に聞いてこないって
墓守
どう言う話の流れでそうなったのかよく分かりませんが、昨晩母がこんなことを聞いてきました。
「伯父さんがウチのお墓に入りたいって言ってきたらどうすんの?」

・・・。
まぁ、昨今の景気などの情勢を鑑みれば突拍子もない話とは言えない・・・かな?


「言ってきたらも何も当然拒否でしょ?共同で購入したわけじゃあるまいし。」と答えると少しは安心したようです。
が、私としては続きがあります。
いわゆる注釈と言うヤツですか。

私の言い分として、あくまでも現時点ではと言うに過ぎません。
仮に今、もしくは近い将来聞いてくるようなことがあれば曖昧にしとくべきだと思っています。
何故なら、妻をめとっておらず従って子のいない現状ではあまりハッキリさせるとマズいと思うからです。

これは発症時の入院中に比較的高い優先順位で考えてたことなんですが、最悪の場合は従兄の子に家督を継いでもらう・・・ほどの家柄ではないんで(笑)、墓守をお願いしなきゃいけなくなるんですね。
妹にしても然り、の最悪の場合です。
またよしんば結婚できても子供が授かるかどうかは別問題ですし。

そう言った可能性を否定できない以上、ハッキリとダメだと言うことはできません。
お墓に入るのを拒んでおきながら墓守をしてくれとは言えませんからね。
まだまだ先ですけど、その辺りの時期がリミットになりますかね・・・。


いくら独立したら自力でお墓を建てるべきだと私自身が考えていても、お墓を守ることの方が大事ですからねぇ。
そこまでは考えておく必要があると思うのです。

最終的に守るべきものは何なのか?生きていく上でのテーマですなぁ・・・。


ところで、肝心なのはその伯父さんがどう考えてるかなんですが、藪蛇になるといけないので聞けないのですよ。
まぁ、何も考えてなさそうで、ある意味羨ましい人ですけど。(ヲイ
桜の咲く頃、紅葉の見頃
やっぱりか、と思うのは季節の変わり目のたびなんですが、どうも今回も同じようです。

一昨日の夕食後3時間後ぐらいのこと。
久々に感じる強烈な(?)低血糖症状。
取る物も取り敢えず常駐してるポカリスエット200mlの半分と、ビスコ小袋1袋を口に放り込みました。

普段だったらポカリを飲んだ時点で2分もせずに落ち着くのに、5分経っても落ち着かず。
おかしいな、と思いながらここでようやく血糖値測定することにしました。(遅っ!
ピッ・・・77
う~む、どう解釈していいのやら・・・。(笑)

少なくともある程度は回復してるはずなんで、補食前の時点では高くても70?60?
ま、そんなもんかなぁ?と。


でもここで重要なのは数字ではなく、何故そんな数字になったのか?ですな。

そこで、一昨日夕食前104で30MIX10単位の結果3時間後に低血糖になったことを踏まえ、昨日は8単位に変更。
夕食前102で2時間後141、とまずまずです。
念のため、と本日も同量8単位で試そうと思ってたら生憎モダン焼き。
今日に限っては、うれしいやらうれしくないやら。(笑)
仕方ないので冬場の12単位から10単位に減らして実験。
2時間後、134。

・・・。

やっぱ季節で必要単位が変わるんじゃないの~??
ウチの主治医先生は否定してらっしゃったけど、事実としてありますからねぇ。

ラピッドにしても今日の昼食後になって2時間後216の3時間後126と、私には珍しい下がり方となりましたし。
こちらはもう少し推移を見守る必要がありますが、やっぱ必要単位が変わるんじゃないのかなぁ?と言う判断を自分で下しそうな今日この頃でつ。。

今度ご一緒できたらイケメンカリスマDrに見解を伺ってみよっと。(自分とこの主治医に聞けよ!

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

初参加!DM VOX
え~、今さら観もありますが、15日のDM VOX定例会&懇親会のご報告を。


定例会の最初の講義内容は『1型糖尿病の多様性』と言うことで、劇症型についての内容でした。

印象に残ったのが、表題とは外れますが【iPS細胞】についての下りです。
iPS細胞とは皆さんご存知の通り万能細胞と言われるもので、皮膚などから作成される細胞で元は自分の一部なので拒絶反応がなく、今注目を集めている再生医療の一つです。
現段階ではその元になるものが発見されたに過ぎず、そこから各器官の細胞にするには膨大な過程を経る必要があるとのことで、まだかなりの時間を要するようです。

その中で仰っていたのは、DMの場合は膵臓と言う臓器まで作成する必要はない、と。
例えば腎臓を患っているのなら腎臓を作成する必要があるのですが、DM患者の場合はインスリンを出すβ細胞さえできればいいとのことでした。
まだまだ課題が多い中で、そう言った意味で有望なんじゃないか、と。

それとは別に一点気になったのは、ここ5年で5人の方が劇症型糖尿病でお亡くなりになっていると言う事実です。
それをもって必ずしも断定はできませんが、救急搬送時などにおいて無駄に時間を使って検査してる可能性もあるんだろうな、と思ってしまいました。


2つ目は患者体験談とのことで『ホノルルマラソン』のレポートでした。
機内食の糖尿病食がいかに酷い内容かなど面白おかしく、しかしだからこそチャレンジすることの大切さがよく伝わってきました。

その中のキーワード、【NO LIMIT】。
DMだからとできないことなど何もない!
タイガースの岩田投手を見てても思いますし私自身常にそう思ってますが、改めていい言葉だな、と思いました。

さすがにホノルルマラソンはどうかなぁ?とは思うものの、後に懇親会で声を掛けて頂いた富士山の登山はいつか参加したいと思いました。

【続きを読む】

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

帰宅のち怪文書?
1日遅れましたが、昨日無事に帰って参りました。
ご心配をお掛けしましてすみませんでした。

さて、思ったより長くかかってしまいましたが、この辺りは傷口の塞がり具合と言うよりは念を入れてのことのようです。

DMだし中途半端で帰るよりはいいかなとは思いますが、それにしても未だに座ると痛いこと痛いこと。(笑)
一番引っ張られる位置だと言っていた意味を身をもって思い知らされました。
そりゃ日帰りは無理だなぁと、今となっては納得です。
ただ、それにしては『デスノート』の探偵【L】のように座るとマシになるのは解せませんが・・・。


ゴロゴロダラダラの今回の入院でしたが、一つだけ収穫がありました。
それはジーンズを穿いてもよくなったことです。

「な~んだ、そんなことか。」と思われるかも知れませんが、私にとっては大きいんですよね。

と言うのも、元々ガキの頃からおケツに出来物とか出来やすかったんですが、その原因が尾てい骨にあるんじゃないか?と一度削ってるんですよ。
決して進化に遅れたわけではないんですが(爆)、尾てい骨が長くそれが圧迫してるからじゃないか、と言うことで。
その際に「汗とかもよくないから、ジーパンとかあまり固いズボンは穿かないように。」と言われてたんです。

実際、その後ジーンズをやめたこともあってか、数年間出来物も出来ずに過ごせてたんでこのままいこうと思ってたんですよ。
ところが、ここ数年のようにまた出来るようになっちゃって。
そんならもう一緒じゃないか、と言うことで今回の話となったのです。

もっとも『出来なくなったから』ではなく、『いずれにしても出来るから』と言う消極的な理由ですから、喜ばしい話でも何でもないんですが。(笑)
ただ、選択肢が増えたのは私としてはうれしいのです。

と言うわけで、さっそく次の休日にでも買いに行こうっと。(ブランド物とか買わんけど(爆)


ところで、どうでもいい話なんですが一つ気になったことが・・・。
昨日事務所に戻って、たまったFAXやらe-メールやらチェックしてる中で電話のメモもチェック。
その中に【2022年 いける】の文字が。

社長に聞いても「いや、関係ないから。」の一点張り。

・・・。
2022年に一体何があると言うのでしょう?
教えてくれないのがまた気に掛かるってなもんです。。
14年後。と言うことは私にして47?8?
その年に何が“いける”のか楽しみにしとくとしますか。。。
嗜好品
こうやって病院にいると、お酒もタバコもやめられるんじゃなかろうか?と思えるから不思議なものです。
実際にはそんなに簡単なものじゃなく、帰ったら即手を伸ばすんでしょうけど・・・。

こう思うからと言ってやめたいわけではないですけど、もし量が減ったり呑む機会を調節できればいいなぁ、とは思いますよね。
もっとも、できないのを分かってるからこそ思うんですが。(笑)


それにしても呑めない中でこそ考えるんですが、お酒やタバコって一体何なんでしょうねぇ・・・。

もちろんしない人もたくさんいますし、子供の頃はしなくて当たり前でしたし。
つまり本来必要のないものなんですよね。
それがなくてはならないもののようになってしまうとは・・・。
云わば魔力だと言われれば、そうなのかなぁ、と思っちゃいますが、それで片付けていいのかどうか。。

いずれにしても覚えてしまったものは仕方ないんですけどね。
もはやそれらがないと楽しくないし。


それはそうと、できない環境に放り込まれるとしっかり適応できると言うことは、中毒としても軽度だと言う証拠なんでしょうな。
だからと言ってその認識を元に減らせと言われたら、お断りですけどね。(笑)

ただ、昔心配したようにハルマゲドンになって尚、お酒とタバコを探し求めることだけはなさそうで安心しますた。。
【続きを読む】
目指せ!好好爺
同じ病室の年配の方を見ていると、何やら将来の姿を映し出されているような気がすることがあります。
あぁ、自分もあのぐらいの年齢になったらどんな合併症が起こってるか分からんな、と。

その時に果たして何を思い、どれだけのことを自分でしようとするか、或いはできるのか・・・?
そんなことをチラッとですが考えると、空恐ろしいものを感じます。


それと同時に思うのが、医師や看護師にワガママは言いたくないなぁ、と。
この辺りになってくると双方の受け止め方の問題も絡んでくるんで、一概には言えませんが。

あ、書いてて思いましたが、そう考えると難しいですね。
主張すべきは主張しないといけないし、かと言って何でもかんでも言いたい放題ってのは違いますしね。
例えば今回、入院するに当たって『何ちゃってカーボ』で合わせることを理解して頂きましたが、看護師さんの中にはいぶかしがる方もおられますからね。
その人にとっては、ワガママに映ってもおかしくないわけでしょう。
(もっとも誰が何を思おうと、身体のためには聞く耳持ってられませんが・・・


さて、30年、40年経った時どうなってますかねぇ?
ワガママな頑固ジジィにだけはならないように気を付けたいと思います。(笑)
そりゃそうだ
本日の回診にて。

「明日には帰れますよねぇ?」
「何仰ってるんですか!?今日も抜糸の予定ありませんし、来週になりますよ。」

そう言えば抜糸のこと何も言ってなかったなぁ、と思い出し痛恨の思いがしますた。。。
抜糸しなきゃ帰れないじゃないか・・・。○| ̄|_


阿呆過ぎる。。。
お陰様で。
ご心配をお掛けしましたが(誰もしてないって?(爆))、お陰様で無事手術は終了し、さしたる痛みもなく過ごさせて頂いております。

手術自体は非常に簡単なもので、時間にして20分、何だかんだ合わせても30分ちょっとだったように思います。
色々話し掛けられて、寝そうになりながらも寝られなかったんですが、そんな中で患部の横に出来物の子供みたいなのがあったらしくついでに取ってもらいました。
次から次へと・・・。改めて難儀な身体だなぁ、と。(笑)

その後昨日、今日とベッドに横たわる状態が続いておりますが、前回と比べ比較的自由にコロコロできるので楽に過ごせてます。
ところが、自由度が高いと言うことは同時に油断も生ずるもので、変にコロコロできる分つい曲げちゃいけない左足の股関節も曲がってしまいまつ。。。
私のような人間には、自由裁量権はない方がいいのかも知れませんね。(爆)

それはそうと時間を持て余して退屈するかと思えばさにあらず、すごく1日が早く感じます。
それもそのはず、食事の後寝ちゃうからなんですねぇ、これが。
今日の午前中に至ってはガーゼ交換以外寝っぱなしですた。
どんだけ寝るんだ。。。〇Ι ̄|_
赤けりゃ何でも・・・
土曜に病院へ行ってきました。

HbA1cは5.9%。
昨年12月以来、3ヶ月振りの5%台復帰です。
この調子を維持できればなぁ、と思います。

それほど低血糖がないんなら、食後の血糖値は高いものの、低いと言うか100前後の時間が長いからまぁ落ち着いてるんでしょう、と。

その流れで、myさんのところで取り上げられていた「HbA1cに関して70~80以上をカウントしている」と言うことを伺ってみました。
すると「う~ん、そんなことはないと思うけどなぁ。」と。

例えば食後ガーンと高くなってる割りにHbA1cを見るとそんなに高い値でない方も少なからずおられるようで、そう言ったことを考えると必ずしもそうは言えない、とのことでした。
ただし、主治医が言っているのは時間の長短の問題です。
低血糖を起こしている時間も高血糖を起こしている時間も短ければ、当然平均として出てくる数値はその高低に左右されにくくなりますから。
その意味ではHbA1cは単なる目安で、やはり細かい計測が大事になってくるんですよね。

結局そう言う内容でしたので、どうも70~80以下はカウントされないと言う結論には至ってませんね。
まぁどっちでも取れる回答でした。
私の聞き方が悪かったなぁと帰りに思ったんですが、分からないのか何なのか、はぐらかされたような感じですた。


ところで先月の検査の結果。
貧血の方は全く問題なし、と。
やたら寒いし、たまに(酔ってなくても(笑))フラッと机に寄っかかることもあるんですが、何でしょうね?
謎です。まぁいいですけど。

他もほとんどOKだったんですが、中性脂肪と尿酸値がちょいオーバー。
お酒を控えるように言われますた。。。
今度の入院を機に自宅での飲酒量を見直すかな・・・?
(できれば、の話ですが(笑)

【続きを読む】

テーマ:1型糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。