続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
墓守
どう言う話の流れでそうなったのかよく分かりませんが、昨晩母がこんなことを聞いてきました。
「伯父さんがウチのお墓に入りたいって言ってきたらどうすんの?」

・・・。
まぁ、昨今の景気などの情勢を鑑みれば突拍子もない話とは言えない・・・かな?


「言ってきたらも何も当然拒否でしょ?共同で購入したわけじゃあるまいし。」と答えると少しは安心したようです。
が、私としては続きがあります。
いわゆる注釈と言うヤツですか。

私の言い分として、あくまでも現時点ではと言うに過ぎません。
仮に今、もしくは近い将来聞いてくるようなことがあれば曖昧にしとくべきだと思っています。
何故なら、妻をめとっておらず従って子のいない現状ではあまりハッキリさせるとマズいと思うからです。

これは発症時の入院中に比較的高い優先順位で考えてたことなんですが、最悪の場合は従兄の子に家督を継いでもらう・・・ほどの家柄ではないんで(笑)、墓守をお願いしなきゃいけなくなるんですね。
妹にしても然り、の最悪の場合です。
またよしんば結婚できても子供が授かるかどうかは別問題ですし。

そう言った可能性を否定できない以上、ハッキリとダメだと言うことはできません。
お墓に入るのを拒んでおきながら墓守をしてくれとは言えませんからね。
まだまだ先ですけど、その辺りの時期がリミットになりますかね・・・。


いくら独立したら自力でお墓を建てるべきだと私自身が考えていても、お墓を守ることの方が大事ですからねぇ。
そこまでは考えておく必要があると思うのです。

最終的に守るべきものは何なのか?生きていく上でのテーマですなぁ・・・。


ところで、肝心なのはその伯父さんがどう考えてるかなんですが、藪蛇になるといけないので聞けないのですよ。
まぁ、何も考えてなさそうで、ある意味羨ましい人ですけど。(ヲイ
スポンサーサイト
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。