続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛みは生きてる証
手が切れまくって難儀していると前に書きました。

確かに手を洗うのもできたら洗いたくない(汚ねぇな)
ほどですし、何もしていなくてもピリピリと切れ口が
自己主張していますしね。

でも、よくよく考えると痛みを感じられるって事は有難い事
なんだなぁとも思います。

糖尿病が進行すると抹消の血管、毛細血管が傷付けられ
神経障害に至ります。

ひどくなってくると手足のしびれや自律神経の障害、
単一性神経障害(体の一部分を動かす神経が急に障害を受ける)
などが起こってきます。

最悪の場合、以前にも紹介した感覚がなくなって傷に気付かず
悪化して壊疽を起こすこともあります。

もちろんこれは血糖値のコントロールによって変わってくるので、
そこまで想定する必要はないのかも知れませんが。
(そうならないために頑張るっちゅう話で

でも、痛みを感じる鬱陶しいことがあると言うことは、
神経が正常に働いてる証拠。

そう言うところを考えていくと、当たり前に感じる
痛覚のシステムもすごく思えますし、その当たり前の
感覚がいかに有難いか再認識する思いです。

痛みを感じず何気なく手を見たら切れてるってことが
いかに怖ろしいか、と言うことです。



ところで、何でもかんでも『感謝感謝有難い』でいくのは
悪い事ではないんでしょうけど、その内向上心がなくなりそうで
それはそれで問題かなぁ、とは思いますね。

要するに感謝の質の問題なんでしょうけど。

現状に対する認識の話で、感謝=満足・充足感と言うのは
マズイなぁ、と。

そうではなく、もちろん(言い方は悪いけど)下を見ての
認識でもなく、今ある自分を正面から受け止める、前向きに
生きるためのそれであればいいわけで、その根っこの部分が
揺らがない限りそんな心配はないんでしょうけどね。


それにしても今の世の中を見渡せば、恥の概念の喪失と共に
感謝の念の喪失も相当深刻ではないかと思います。
止めを刺すのが個人主義と自由主義に彩られた風潮でしょうかね。
(あえて教育とは言わない

現状に対する不満や充足されない部分があるから向上心が
生まれるわけで、それはいいのです。
しかし、不平不満ばかりで感謝の念が陰を潜めると言うのは
如何なものかと。

つまり、不満はあるけどそれは結局は自分の歩んできた、或いは
選択してきた結果であってその全ての責任は自分に帰すわけです。
最終的にはね。

それが分かっていれば今後に対して前向きになれるし
向上心も生まれる。

そして、もっとも大事なことはそのためには
意識してるとしてないに拘らず、
少なからず感謝の念がなければいけないと言うことです。

何故なら謙虚さがないと責任を他者に求めてしまう
ものだからです。
(もちろん全ての人がそうだとは言わないですけど

では謙虚さと感謝の念は通ずるのかと言えば通ずるでしょう。

例えば、ごはんが食べられる事に感謝するのは謙虚さが
あるからです。
当たり前だと思えば謙虚さがないわけで、その先に
感謝の念も生まれないでしょう。

そしてそうであるからごはんを作れるようにしようと
向上心が芽生えるわけです。

もっともそれが全てじゃないですけどね。
向上心で言えば競争力から生まれるものでもありますから。

ただ、日々の当たり前の物に囲まれてる中にあって
見落としがちなものを改めて見詰め直すと、自分が
恵まれた存在であると再認識できるのです。

そう言った部分は大切な事ではないかと思うのですよ。


それが例えピリピリピリピリ痛くて鬱陶しい手荒れや皸でもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私の祖父(2型DM)は、血糖測定の時痛みを感じなかったそうです。
だから痛いのは嫌だけど、痛みを感じられているのかどうか気にしていないといけないなと思います。

少し前の記事の話になってしまいますが、
ネットで色々見ていたらどこかの掲示板に災害時は基礎を打っていれば死ぬことはないと書いてありました。
今は基礎を打っていませんが、近いうちに打つことになるでしょうし、
私も先生に聞いてみないと!と思いました。
2007/02/15 (木) 21:10:15 | URL | しぃ #-[ 編集]
>しぃさん、こんばんわ~!
普段何気なく感じてる痛みが重要なんだと思うようになりました。
痛覚ってなくなると怖いですもんねぇ・・・。


>災害時は基礎を打っていれば死ぬことはない

そうなんですか。
だったら非常用に持ってなくちゃいけないのは基礎の方になりますね。
私もまだなんですが、一度聞いてみます。
もし分かったらまたアップして下さいね~♪

ところで逆の場合はどうなんでしょうかね?
やはりインスリンの体内にある時間が重要なんだとしたら速攻型とかじゃ意味ないのかも知れませんね。
2007/02/16 (金) 20:47:49 | URL | 風変わりな男 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。