続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生命はすごい!
この10日ほど、人と食事などを共にする機会が多く、
改めて自然にインスリンが出る有難みを感じました。

これは悲観や僻みではなく、生命維持の機能の一部として
すごいことなんだなぁ、と思ったわけです。

意識しないでも食べ物や飲み物から糖分、炭水化物を摂取すれば
インスリンが出てくれる。
それによって血糖が自動的に調節される。

休みなく動く心臓もそうですし、消化吸収する胃腸もそう。
排便もそうであれば神経伝達もそうですね。
もちろん皮ふなどの代謝もです。


当たり前と言えばこれ程当たり前のことはないのですが、
(一つとは言え)失った身からすると「あぁ、こりゃすごいな。」と。

そう言う考えになってしまうと残った(大部分の)機能が殊更愛しく
感じるから不思議なものです。

自由に排便できることや何の機具も使わず呼吸できること、
大規模な煩わしさを伴わない血液の浄化など、今ある当たり前のことが
何か大変なことのようにも思えてきて、尚更そう感じるのです。

もっとも日々に忙殺されるとなかなか常に意識、
とまではいきませんが・・・。


その上に立ってみると、当たり前が当たり前過ぎるのも
善し悪しなのかもなぁ、などとも思えてきます。

何だかんだと世を憂う声もアチコチから聞こえてきますけど、
いっそ皆が皆どこかしら1ヶ所でも不具合と言うか障害があった方が
世の中うまくいくのかも知れないなぁ、とか考えたり。

『同病相哀れむ』じゃないけど、そんな感じでね。


だけど、それはそれで問題でしょうな。

皆自分の医療費のことで今以上に自分勝手で殺伐としそうな
気もしますからねぇ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
当たり前過ぎるのも善し悪し
イイ年をして、親に偉そうにする人っていますよねぇ。
反抗期を終え、結婚し、自分に子供が生まれても尚、親に(子供にとったらおじいちゃん&おばあちゃんに)偉そうにする人がいますが、あれって、親がいることが当たり前というか、滅多に人が死なないから、生きてくれていることの有難みが分からないというか、そんな感じなのかなぁ…? と、このエントリーを読んで思いました。
「おばあちゃんに向かって偉そうにする母親」なんて、絶対に教育に良くないと思うんだけどなぁ…

って独り言みたいなコメントすみませんっi-229

2007/05/09 (水) 22:56:57 | URL | 猫だぬき #-[ 編集]
>猫だぬきさん、こんばんわ~!
そうですよねぇ。
空気みたいなもんで、あって当たり前になっちゃうと
本当に有難みって感じにくくなりますよね。

特に親なんてのはその最たるものでしょうか。
仰るように偉そうにするのもそうですが、案外と“利用してる”だけじゃないのか?と思うような人も多いような気がします。
そう言う人達もそれが当たり前で有難みがなくなってるんだろうなぁ、と思います。
言い方は悪いけど、亡くなる頃には子供も大きくなって世話になることもないからずっと気付かないままかも知れませんね。

極端な話、ある日突然自転が止まったりして空気がなくなる可能性だってないわけじゃないのに・・・。(笑)
平和だってそうですもんね。
やることやっとかないと、それこそいざって時に困るわけで。
2007/05/10 (木) 20:53:23 | URL | 風変わりな男 #-[ 編集]
意識はいいよね
意識はいいよね
2007/05/12 (土) 10:12:17 | URL | BlogPetのICHIRO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。