続・【SPIDDMな日々】
IDDMとは『インスリン依存型糖尿病』で、いわゆる1型糖尿病です。 その中でSPIDDMはわずかに自己分泌が残っている病態を言います。 本人は至ってお気楽極楽に構えてます!

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェルター
また地震です。
中越でドでかいのがきたと思ったら夕方には奈良、夜には京都沖合いを
震源に東北から北海道にかけて(何で?)ですって。

何じゃこりゃ!?ですよ。
ようやっと台風も過ぎ去ったと言うのに・・・。

まさに災害列島。
勘弁して欲しいもんです。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々にお見舞いを申し上げます。


TVや何かでも盛んに取り上げられてるわけなんですが、どうにも
釈然としないのがやたら煽るところですね(相変わらずですが)。

今回停止中だったようですが原発の横から火災、夜には微量の放射能の
含まれた水が流れたとかで余計なのかも知れませんが、もしチェルノブ
イリみたいになったら?みたいな話もチラホラ耳にしました。

そうなったら逃げ場がないとか死の灰が・・・とか。

そりゃそうなんだろうけど、そこで終わり。
だから・・・と言う話がありません。

まぁ、実際どうしようもないですからね。
そのためにも万全に万全を期してやってもらうしかないわけです。


ただ、じゃあ本当に手はないのか、と言えば私はそうでもないと思う
んですよね。

例えば大規模なシェルターを順次建設して行くとか。

要るのか要らないのか分からないような道路とか何とか談合なんかで
建ててる予算と時間、人手があるんならそっちに回せよ、と。

不幸にしていつどんな災害に見舞われるか分からない土地に暮らしている
以上、どっちが重要なのかは明らかでしょう。

最初は地下鉄なんかを改造して、行く行くは各学校や足りなければ公園
の地下とかに建設したり。

ついでに必要な物資をシャッター通りと呼ばれるような厳しい経営の
街の商店主なんかに優先的に依頼すれば景気も底上げになるでしょ。
少なくとも実感なき景気回復からは脱するんじゃないですかね。わずかでも。

もちろん大手に依頼した方が物資が安く仕入れられるのは目に見えて
ますが、折角の機会ですからね。
地元に根付いてる商店の方がいいでしょ。
そう言うところにお金が落ちるようになれば消費も拡大するわけだし。

そうなればある程度は安心できるし、より多くの人が潤うし、で悪くは
ないと思うんですけどねぇ・・・。

まぁ、もっとも問題なのは地下に造ることになると塞がれるとどうしよ
うもないことですね。
予算もそうであれば定員や避難時間の問題もありますし。

第一、管理・運用を誰がどうするのかもありますわな。
それは各自治体でいいとしても実際に使う際にどうするか。
地表の安全の確認と情報収集はどのようにして誰が判断するのかとか。
定員オーバーの際の判断とかねぇ。

そう言ったことをクリアしなきゃいけないので現実味はありませんけどね。
いささか浅はかな気はしますし。(笑)

ただ、災害用であるかどうかはともかくシェルターの必要性は高いと
思いますけどね。
主要国では当たり前だって話も聞きますし。
(一般人用じゃなくて要人専用としてならすでにあるでしょうけど

現時点ではやはり家庭用のシェルターが現実的ですね。
思ったより法外な金額じゃないし。

ってところもあって、やっぱりシェルターは欲しいなぁ、と
思わずにいられませんやね。


ところで、被災した際に配給される物資は(最初は)おにぎり1コとか
豚汁1杯とかですってね。

インスリン何単位打てばいいのかなぁ?

う~む。
やっぱ非常食は必須ですなぁ・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 続・【SPIDDMな日々】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。